ま

名探偵ピカチュウのまのレビュー・感想・評価

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)
4.5
久々に見た竹内涼真はやっぱりかっこよかった。あとヒロイン可愛い。

製作陣のポケモンに対する多大なリスペクトと情熱、愛情をたくさん感じる良い映画。エンドロール前のアニメーションは後半若干の作画崩壊が気になりはしたけど最高。こうかはバツグンだ!推しがすごくてじわじわきた。

冒頭の自然界で生きるフルCGのポケモン達のあまりの馴染み具合に、ニヤニヤが止まらなくて最高だった。は虫類系の質感が程よく気持ち悪くて、良い。出てくるポケモンの種類も新旧問わず様々で、幅広く名前が思い浮かぶたびにポケモンの長い歴史を感じることができた。

新宿が舞台であるライムシティのモデルとなっているように感じたが、ちょうど新宿の映画館で鑑賞したので、映画館から外に出た時の感動がすごかった。ついポケモンがいるのではないかと周りを見渡してしまう。作中ではそれくらい自然にポケモンが街に溶けこみ、人間と共生していた。

ポケモンを1匹パートナーにできるとしたなら、、、と考えると余裕で日が暮れそうだ。ちなみに私はジラーチを連れたい。