名探偵ピカチュウの作品情報・感想・評価

上映館(344館)

「名探偵ピカチュウ」に投稿された感想・評価

ポケモンと人間が共存する街“ライムシティ”で、父親・ハリーの失踪をキッカケにポケモンを遠ざけていた青年ティム。
事故で亡くなったとされるハリーのパートナー・ピカチュウと共にその真相を巡り事件へと立ち向かうファンタジー。

時の流れに想いを馳せる。

世界中でブームを巻き起こしたゲーム『ポケットモンスター』をハリウッドが実写化した作品。
ピカチュウの声を『デッドプール』のライアン・レイノルズが担当。

ポケモンは初代からダイパあたりまでやっていた初期の頃の世代ですが、予想以上に面白かったです。
公開前はポケモンたちの妙なリアリティが話題でしたが、実写と違和感なく融合していて丁度良かったと思います。というか、どのポケモンもひたすらかわいい。
画を観てるだけでも充分楽しめた。
バリヤードの尋問のくだりが最高です。
ピカチュウのノリはボスベイビーの感じに似てる気がしなくもない。

色々制作上の都合があるとは思いますが、欲を言えば、メインで出てくるポケモンが偏っていたので、もう少しいろんなバリエーションを観たかった。
それでもかなりの種類が出ていたのでどこにどのポケモンが出ていたとかを後から楽しめそう。

ストーリーはファミリー向けのわかりやすいお話でしたが、ハッピーアイスクリームの大好物である父と息子の絆の物語が軸であり好きでした。
ラストはいろんな意味でかなりグッときた。エンディングもなかなか凝った演出。

観終わって劇場を出ると、皆ポケモン談義に花を咲かせていました。
皆、劇中で描かれるパートナーみたいなマイポケモンを持っているんですね。
こんなに世代を超えて愛されるものはめったにない。
年号が変わったから余計に感じるけど、ポケモンは平成を代表するゲームだったんだなと改めて思う。
(今度から話題に困ったらポケモンの話をしよう)


ちなみに
僕のパートナーはニドクインでした。
ぬる

ぬるの感想・評価

3.2
ポケモン好きにはたまらない映画。

少し不気味の谷を感じるものの、それ以上にポケモンがリアル世界と融合しているものを観れただけで鳥肌が立った。

ストーリーは正直微妙かなと思う。
そういった意味でも、ポケモンファン用の映画ではある。
今ポケモンみてなくても楽しめるポケモン飼いたい
途中で寝てしまったけど面白かった←
ポケモン世代としては再現度の高さと毛並みに興奮したw
こば

こばの感想・評価

3.8
楽しめました!分りやすいく、クセもないので、一緒に見る相手を選ばないので、おすすめ。
日本フィーチャーにもわくわくが止まりません。

ストーリーはありがち。疎遠だった父親の死を機に息子が自身のルーツを探る。そこに大企業の陰謀が絡んで…本当に教科書通りの進行。ミステリー性とポケモンのかわいさが絶妙。
ピカチュウがかわいい。触りたくなるくらいにに毛並みふわふわ。
で、色々あってハッピーエンドなんたけど…

…とにかく言いたいことは、ライアン レイノルズがかっこいい。結局、彼の爆発したイケメンっぷりに私の心は全部持っていかれた~。

このレビューはネタバレを含みます

緑色の宇宙戦隊にスカウトされたり
改造実験で口を縫われて両手に剣を埋め込まれたり
ガン治療と騙されて不死身のドロドロフェイスにされ……
そんなライアンおじさんがとうとうピカチュウに!

ここだけで観る必要があるんですけど、

ルーシーの可愛さたるや!!に尽きますわ。

正直、主人公はウジウジしてるし
頭の回転遅いしパッとしないし顔も好きじゃない。
吹替にいたっては喋り方が完全に竹内涼真本人で
次第に日本人に見えてくる。
渡辺謙もハズキルーペよりやる気が出てない。

そんな欠点を抱えながらもルーシー&ポケモン(特にコダック)のキュートさだけで満足できる映画。

あと多分、日本語制作スタッフはポケモン愛が足りない気がする。
Tomoya

Tomoyaの感想・評価

4.6
小さい頃にあれだけ熱中してたポケモン
歳をとってもう触れることはなくなったけど、この映画があの時の熱い想いを思い出させてくれました。
ポケモンが、自分の能力を生かして、何らかの形で人間社会に溶け込んでるところも随所に見られた。所有物としてじゃなく、文字通りパートナーとして対等に生きている世界観が素敵すぎる。
とまと

とまとの感想・評価

4.2
世界観が素晴らしかった。

冷静に考えると当たり前なのに、
群で空を飛んでいるひこうタイプのポケモンを見て、
「あ!そうか!この世界に鳥はおらんくて空を飛んでるのもポケモンなんや!」と感動し、
序盤から世界観に引き込まれてはやくもトリコに✨

CMで竹内涼真が出ているのを知って
使い所も心配してたけど、セリフも無く
ただのカメオ出演だったのでひと安心w

作品としては深く考えずサラッと見れるけど
工夫もしっかり感じられるシーンがあったり
ツッコミ所もありはしたものの、
現実世界ではないし許容範囲(^^)♪

知らないポケモンもいたけど、
人とポケモンの共存する世界が素敵で
1日でいいからこの世界に住んでみたいと思わせてくれる
エンターテイメント作品でした✨
白瀬青

白瀬青の感想・評価

3.7
ポケモンGOをやっていて(というかGOしかやったことがないのですが)なんにもない道端にぽつんとたたずんでいるポケモン、まるでスタッフですよみたいに公共施設やお店の中にわらわらといるポケモン、街の片隅に突如現れるジム、これって現実に存在していたらどんな感じなんだろうと妄想したことはないでしょうか。
ポケモンが日常の中にいる風景、それを映像化しちゃったのがこの映画なのです。
駅から降りればそこは道路で居眠りしているポケモンや犬猫のように人間と暮らすポケモン、能力に見合った仕事をもらって公共の仕事を手伝うポケモン、さまざまなポケモンが日常に溶け込んでいるのです。
本当に街に犬や猫がいるみたいにポケモンがいて、「恋人はまだいないの」みたいなノリで「まだ(ポケモンの)パートナーがいないの?」と聞かれる――そんな街ライムシティ。
そこで失踪した父親の行方を、父親がパートナーにしていた記憶喪失のピカチュウと一緒に探すうちに、ポケモンを凶暴化する薬の陰謀に巻き込まれ、闇ジムや怪しい研究施設で大暴れ。
ポケモン抜きでも程好いスリルとアクションのある冒険譚としてしっかりした話になっており、そこにぴったりのポケモンをそつなく組み込んできます。
ことごとく死亡フラグを踏み抜くのにことごとくそれで成功しちゃうラッキーすぎるヒロインを面白いと思うかイラッとするかで感想が分かれそうな気はしますがポケモンへの理解も深く、それでいてポケモンを知らなくてもわくわくして可愛い、よくできたファミリー映画には違いないです。

もふもふで表情豊かなモンスターを動かして違和感のない実写映画にしてしまうのだから最近のCGはすごいもんです。
ピカチュウがとにかく可愛い。しかしこんなに有能そうに出てきて声が西島さんの探偵なのに役立たず! オッサン! しかしそこがさらに可愛い!
ポケモン全く知らないけど、予告見てかわいすぎて鑑賞。かわいすぎた。この世界に生きたい。
>|