名探偵ピカチュウの作品情報・感想・評価・動画配信

名探偵ピカチュウ2019年製作の映画)

Pokemon/Pokémon Detective Pikachu

上映日:2019年05月03日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

「名探偵ピカチュウ」に投稿された感想・評価

父の訃報を知らされ、嫌々地元に帰る主人公ティム。探偵をしていた父の事務所に行くと、なぜかそこに自分とだけ会話ができるピカチュウがおり、父は生きているという…。

ふんふん、なるほど。こうして1人と1匹で父の失踪の真実を探っていくわけね。ピカチュウは小さいところに潜ったりアイテムを見つけたり、人間は推理専門かな?

…て、全然違うじゃねーかこれ!

ピカチュウはおっさん声でマシンガントークかましているだけだし、推理もクソもなくドタバタ劇を繰り返していたら、たまたま真相に辿り着いてた、みたいな。むしろ真相からこっちに近づいてきた気がする。笑 ヨシダ警部こと世界のケン・ワタナベの出演も必然性を感じないし。

とはいえ、第一世代からゲームをし、アニメを見ていた者としては、まさかの展開、というかまさか “あの” キャラクターが主軸とは!という驚きがありました。
他にも印象に残ったポケモンでは、シワシワのピカチュウとして話題のシワチュウ。もう世界平和の象徴はこれで良いよ。戦争解決できるよ。あとはメタモンとエイパムがホラー過ぎて、変なツボに刺さりました。特にメタモンは小さい子にはトラウマレベルでしょ笑

また、クライマックスはさながら『バットマン』のジョーカー戦なんです!それに悪役の思想と目的もヒーロー映画のヴィランみたいで仰々しくて、闇に潜む自警団と探偵という広義の意味で近い二職種ゆえ、インスパイアされてるのかなと推理しました。

ということで、良い意味でも悪い意味でも「思ってたのと違う作品」です。

繰り返しになりますが、ポケモンがゲームの原体験である俺には、エンドロールの演出・音楽はCool過ぎましたね!そして、本作はゲームが元ネタで、割とストーリーが忠実、さらに制作者に日本人も多く関わっていることに再ビックリしました。どおりでツボが分かるわけだと。結論、良い意味で事実を隠し切った予告の勝利!

ちなみに吹替版で見ちゃうと、ラストのお楽しみの魅力が0になっちゃうので注意。
ふわふわのピカ♪♪
Pokemonかわいい!
ストーリーは突っ込みどころ満載なのだけど、制作者のポケモン愛に押しきられる。
コダックの「ねんりき」の威力の強さたるや。
みん

みんの感想・評価

3.0
夜寝れないから、私は家にプリンがいるといい

CX 922
From Cebu to Hong Kong
Channel190

Channel190の感想・評価

3.3
うちのワンコが話しかけて来そうな気がする
恵

恵の感想・評価

4.5
ストーリーに惹かれたかというとそうでもない(決してつまらないわけではない)が、ひたすらにポケモンの再現度が素晴らしい。
本当にいたらこんな感じかーとリアルに想像できた。
おじさん声のピカチュウも最後には可愛く見える
実写ポケモンキモい
>|