cocoamama

ザ・タンクのcocoamamaのネタバレレビュー・内容・結末

ザ・タンク(2017年製作の映画)
1.0

このレビューはネタバレを含みます

救いの無さすぎるラストに...うーん。
とりあえず、本部ずさん過ぎない?
マイナス60℃の南極の隔離されたタンクという空感の中で370日位かな?過ごす話。男女の関係になってみたり、ゲイがいてみたり、怪我したのにほっといて足が腐って切り落としてみたり。。頭良い人の集まりなのにそんなことになる?みたいな展開もありつつ。色々やってるんだけど、大きな盛り上がりとか見せ場がなくて、淡々と進んでいく。
精神を病んでいくクルーたちと、元より少し精神状態が不安定だったクルーもおり、更には神に縋るしか耐える術を持たなかったクルーは解離性人格障害のような症状を発症し、クライマックスへの更なる地獄をスタートさせてから自害してしまう。人間の弱さや不安定さはよく分かるが、最後にリーダーだけが生き残らされてしまうのも、更なる傷を負ってたった1人生かされるならここで死なせてあげてほしいという気持ちにすらなる。後味が悪く、私は好きじゃないバッドエンドだった。