志乃ちゃんは自分の名前が言えないの作品情報・感想・評価

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」に投稿された感想・評価

plantseeds

plantseedsの感想・評価

5.0
『伝えたい。だけれど、伝えられない』

完全ノーマークの作品でしたが、内容を知って即座にレンタル、鑑賞。
この内容は、本当に自分にとって他人事ではないんですよね。

自分も何を隠そう、「どもり」。吃音がある人間なので、主人公の志乃ちゃんの気持ちは痛いほどわかるし、からかわれた経験がたくさんあるので、本当に他人事ではなかった。
(自分の場合は志乃ちゃんほどの症状ではなかったのが救いで、今では自分も吃音のことを受け入れて、ほぼほぼ日常生活に影響はなくなっています)

一定の人数こういう症状がでる人がいるのは事実ではあるのですが、こういった症状に初めて触れる人は、物珍しさからこの物語の菊池のようにからかってしまう人もいるんですよね。

本人はからかっているつもりかもしれませんが、言われている本人は表に出さないだけで、本当は嫌なんですよね。
そんなことを思い出してしまいました。

このことだけに限りませんが、自分の発言が人にどういう影響を与えるのか。
その部分の想像力はちゃんと働かせるといいますか、心ない言葉が人を傷つけていないかは注意すべきだと思いました。

志乃ちゃんの、「伝えたいことがあるのに、伝えられない気持ち」。
本当にもどかしいのですが、自分の気持ちを表現できない葛藤。
わかるというと、浅い気がしますが。
すぐに自分の気持ちや感情を素直に言えることは、当たり前だけれども、当たり前ではない。
そんなことにも、気づかせてくれます。

そんな自分が嫌で、仲間、みんなと向き合うことから逃げてしまった志乃。
確かに良くないかもしれないです。しかし、この苦痛は、吃音の辛さを経験した人にしか分からないというか、
繊細な志乃ちゃんにとってはどれほどつらいことだったか。
「逃げ=よくない」と、一色淡にくくれないと思いました。

書ききれないですが、個人的に本当に胸に迫り、
感じることがたくさんある作品でした。
登場人物の繊細な感情の表現が素晴らしいと思いました。
重めのレビューになりましたが、読んでいたただいてありがとうございます!
あき

あきの感想・評価

3.1
とても良かったんだけど
地方の海の近くの高校で、上手く人と交流が出来ない子、少しずつ殻を破って行くのに
最後の部分が消化不良
mikitea

mikiteaの感想・評価

1.4
最後はこういう風に終わるのか!という感じでした。人にはそれぞれコンプレックスがあって、高校生ぐらいのときは一番気になる年ごろじゃないかなぁと自分の高校時代を思い出しながら観ました。
みっこ

みっこの感想・評価

3.5

吃音の少女の葛藤が
とても繊細に描かれている

リンダリンダリンダを歌うのは
完全に泣かせにきていた

切なくてほろ苦くて、
甘いだけでない、青春でした
泣きの演技の最高峰。
tetsu0615

tetsu0615の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

胸を締め付けられるようなそんな気持ちで見守った映画だった。

彼女たちの痛くて苦しくてそれでもキラリと眩しい青春の1ページ、もどかしくてめんどくさい感情とその変化してゆく様を丁寧なカットで捉えた映画
主演二人の女優さんがとても上手くて、まさしくそこに生きているかのように自然に存在していた。ホントに素晴らしい!
特に志乃役の南沙良さんの吃音演技と涙と鼻水を垂らしながらの感情を炸裂させる場面はホントにスゴい!


大島志乃は上手く言葉が喋れず、友人も居ないまま一人で過ごしていた。ある日同級生の加代と些細なことから交流が始まる。加代は音痴ながらもミュージシャンになりたいと夢見ていた。そんな加代から一緒にバンドをやろうと誘われる志乃。二人で過ごす日々が志乃に少しずつ変化をもたらしていくのだが…

冒頭、タイトル通り上手く自己紹介の出来ない(名前が言えない)志乃が描かれる。わずかなシーンなんだけど、志乃の表情、不安そうな手の動き、同級生たちの視線、吃音気味の彼女のしゃべり…それが心をギュッと締め付けるようで引き込まれた。
(ここで自己紹介でスベりいじってきて菊地くんが後々関わってくるとは…)

先生の理解してないっぷりが彼女をさらに苦しめてしまっているのもまた締め付けられる。

上手く喋れず、新しい友達も出来ないまま過ぎていく日々。自転車をぶつけてしまったこと、校舎裏で歌っている彼女を
見かけてから、彼女と少し距離を縮めてゆく。
加代の家に来た志乃だったが、加代の音痴な歌を思わず笑ってしまい怒らせてしまう。
彼女に謝罪しようと後を付けていると、加代が昔の同級生に音痴なことをネタに絡まれているのを見つけた志乃は…

志乃と加代が少しずつ交流していく様子、思わず笑ってしまう、怒ってしまう様子、涙を浮かべながら帰る様子、涙ながらに謝罪する様子、全てがリアルで胸を締め付けられるぐらいの感情が押し寄せてくる。
特に涙も鼻水も垂らしながらの渾身の謝罪シーンはグッときました。

カラオケでの志乃の歌声を聴いて、加代はバンドを組もうとする。
そこから二人で過ごす夏の日々…
バンド活動で披露される真っ直ぐな志乃の歌声と加代のギター
どちらも素晴らしく、キラキラとした青春時代の一コマで微笑ましいし、友情を深めていく二人の関係が眩しい
(時折見守る清掃のおっちゃんも良いキャラだ笑)

ここから後半へと話は進む

夏休み終盤、少し人の居るところでバンド活動しているときに菊地に遭遇してしまう。
菊地はウザすぎるテンションでクラスで孤立していたのだ。
だが、2人のバンド活動が良かったと言い二人のバンド「しのかよ」に参加してくる…
菊地のウザすぎる感じとかも生々しいというか居るかもなぁと思わせるウザさが絶妙笑
そんな菊地が入ってきたことから志乃はバンドを辞めたいと言い始める。
加代との平穏な時間の崩壊、菊地と加代が親しく話すことへの嫉妬、そんな嫉妬を抱えることへの嫌悪、何より上手く話せないことへの自己嫌悪…
そんな痛みを感じるくらいならと逃げ出してしまう志乃
この時のなんとも言えない感情を抱えて逃げ込んでしまうというのもリアルで生々しくて思わず自分のシャツを握りしめてしまうほどだった。

溶けてゆくアイスクリームの滴りが涙を思わせるカットなども挟み込まれて良かった

ラストの加代の歌も志乃の叫び
この二人の思いが体育館に響くこのシークエンス
良かったなぁ

ラスト、3人バラバラなままというエンディングを迎えるのもリアル過ぎて…
ラストカット、志乃の笑顔にこれから明るい未来が待っていることを願いつつ、今後の彼らの行く末も見たくなるような結末だった。

このめんどくさくて、こじれててそれでもいとおしく感じる青春物語がリアルで生々しいながらもどこか共感してしまうそんな素晴らしい映画でした
まむむ

まむむの感想・評価

2.9
予告で少し気になっていたのと、パッケージに「人生を変える1本」と書いていたので借りてみた。

内容はまぁ、良かったけど人生を変えるほどではなかった。。。

けど、観終わったあとなんだかアタマがスッキリして気分が晴れたのでやっぱり観て良かったんだろうな。
ysak

ysakの感想・評価

3.7
中学くらいはホント痛くて危うくてアホで、羨ましい時期だなと普通に思えるのは、たぶん作品の力。空気読めない男子はうぜえ。あとロケーションいい。最後、テーマを言葉にしすぎな気はした。吃音にも色々あるんだなと。

なんだろ、
なにもかも、
いまいち
838 中盤まではめちゃめちゃよかったんだけどなー
>|