響 -HIBIKI-の作品情報・感想・評価

「響 -HIBIKI-」に投稿された感想・評価

欅坂46の平手友梨奈が映画初出演にして、初主演と話題になっている今作👀スゴイよねぇ~いきなり主演とか…✨
でも意外に…と言ったら申し訳ないケド、なかなか良い演技でしたヨ👍✨平手さんは、TVでしか見たことないので、ほんの一側面の彼女しか、うちは知らないケド、何だか素の演技というか何と言うか…あまり多くを語らず、クールだけど、しっかり自分の信念を持っているトコロは、主人公の響と共鳴する部分があったんじゃないカナァ…と、作品を観ていて感じました😊共演している北川景子より、抜群に存在感がありましたもんネ😁💦恐るべし(◎-◎;)
しかし、劇中に出てくる響の処女作📕「お伽の庭」がメッチャ気になるワ〰️‼️👀✨誰もが絶賛する小説って、どんなんやろぅ…想像が膨らむ~(*´-`)📖✨ちょこっと文学に触れてみたくなる。そんな作品デス😉🎵
総合評価:74点☆
Y

Yの感想・評価

3.5
キャストがはまり役でとても良かったです。
小説家というより、まっすぐで正直な女の子の話。最近やさぐれ気味で上司にいらつき気味の社会人(私)にはすっきりする映画だった。

本編よりリカちゃんのサイドストーリーが良かった。目の前にあんな才能見せつけられたらもう辞めたくなるな。

言い訳しなきゃやってられないけど、言い訳だけじゃ成長できない。
Ichiro

Ichiroの感想・評価

4.0
平手友梨奈さんがはまり役
まあまあ面白かった。平手友梨奈のたまに見せる笑顔が良かったし、アヤカウィルソンもかわいくて良かった。ストーリーも飽きずに最後まで見れて満足。
予告を見た時から気になって、気になり過ぎて、(原作漫画だと置き場所がないので)小説を買って読んでから、公開日に見ました。

響役の女優さん、響のイメージにピッタリ!喋り方も雰囲気もなんだかしっくり。

響そのものでした。

今後の出演作が気になります。
エンドロールが出てきた時に「これ映画だった!」とハッとするほどのめり込みました。
関わるみんなにとって異色な存在の響。
まっすぐで正直で、本当は人間誰しも響のように生きたいんだろうなと感じました。
日本人みんな頭硬い、上辺ばっかり、自分が無い、圧に弱すぎ。
原作が映画になって、てち主演で、たとえ話題性から始まったとしても、響の生き様が日本中に知れ渡ったのは良いことだなと思いました。(誰目線なのか)
終わり方まで凄く楽しめた作品です。

また、映画館で観る前に響の特別番組をいくつか観ていて、てちの響に対する姿勢と考え、そしてその考えを聞き入れて理解して納得して響に向き合う月川監督など、素晴らしいチームだなと感じましたし、だからこそまっすぐな響をここまで描き上げたものが出来上がったんだと思いました。
MR8

MR8の感想・評価

3.1
これは間違いなくオンナが強い映画で、主演の響こと平手の存在感、
祖父江二世のレッテルにもがく表情の機微が印象的なアヤカ・ウィルソン、
慌ただしい中で生徒らを守る良き理解者を見事に演じきった北川景子、
この3人に対して男性はみんなどっか自惚れや諦念にかまけて情けない笑
あからさまに記号的とはいえ、この対比はさりげなく利いてて決して悪くなかったように思う。

「才能」というものをテーマにしながら個人と社会、
大人と子供の関わり合いというサブテーマも展開に対して主張があり、
とはいえ脚本はあくまでもスムーズ。人物の出し入れも整理がついているので疲れることはない。
尺も100分程度でちょうどよかった。

演出やセリフ、撮影に突出したものがない地味な点はネックだし、
「シネマ」を求める人には確かに物足りないのだろう。
でもスジを追う楽しさを憶えたのが個人的に結構久々なのもあり、なんだか嬉しくなった。
劇場から日常にお土産を持ち帰っていける作品って素敵ですね。
アトロク紹介
原作未読
あのトーンで自然に絵が持たせられるのが、今の彼女の強み。ドロップキックの打点が低いのは気になった。
小栗旬と柳楽優弥は勿体ない使い方。
>|