ひるま

未来のミライのひるまのレビュー・感想・評価

未来のミライ(2018年製作の映画)
4.2
食わず嫌いならぬ見ず嫌いだったのですが…
実際見てみたら、
細かい生活の描写にクスッとし、くんちゃんの駄々っ子さに苦笑いし、家族という繋がりの意味についてハッとさせられた。

東京駅で迷子になるくんちゃんにとても感情移入してしまい、泣きそうになった。この感じは千と千尋見たときの感情と似てる。

なんでタイムスリップのようなことが出来るのかという疑問は残るけど、
主人公が幼いので、…まぁ子供の時って、不思議なことが起こってもそのまま受け入れちゃうよね…という感じで、
疑問が解けなくても不思議と許せちゃいます。

お雛様を片付けるのが一日遅れるぐらいで、そんなにヤキモキするものだろうか、とは思った。

くんちゃん好きくない、というレビューが多いけど、自分はそうは思わなかった。子供ってこういう視点と感情で生きてるんだなーたしかにこうだったなーと思うぐらい。隣で見ている父が、くんちゃんに対してイライラしていて、母は穏やかだった。子育て経験者の2人にこのような差が生まれるのはなぜか。
単に受け手の性格の問題か?はたまた想像力の差か?経験の差か?
謎は深まるばかりである。