未来のミライの作品情報・感想・評価・動画配信

未来のミライ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月20日

製作国:

上映時間:98分

3.0

あらすじ

「未来のミライ」に投稿された感想・評価

家族に歴史ありという話なのかな。子どもと一緒に観ていたんですが、5歳息子があの世行き電車みたいので、怯えて泣いて、パパ好きくないと云われました。4歳はもっと赤ちゃんだよねえ。
Layla05

Layla05の感想・評価

3.0
普通に面白かったは面白かったけど
起承転結の転までがちょっと長い…
それとくんちゃんの声が気になってしょうがなかった(笑)
駄々こねる大人の女の子の声だからかなんか耳につく(笑)

自分の中で大人になった瞬間を見届けた感じ🤔
子どもの駄々こね方とかわがままとか
家の中のバタバタ感とかピリピリ感とかリアルで
目を逸らしたくなるものがあったんだと思う。

迷子センターの質問のところが
なかなか子どもだったら怖い(笑)
確かに子どもの頃はパパとママの名前知らなかったよな…
誰もが自分のあり方とかを無意識のうちに
こんな風に模索してたのかもなー🤔
正直ストーリーとしては大好きな細田守作品の中でも1番薄いと思えてしまう。それと、あまり子どもが得意というわけではないからか、ずっとあぁもううるさいな本当にと思ってばかりで、話も中盤くらいまではほとんど進んでいかないのもあって(成長がない)、ただぼーーっと見てしまう。きっと、主人公のくんちゃんの気持ちに立てないとか感情移入しづらいってことは、自分はまだまだ子どもな印なんだと思う。

だけど、敢えて言えば、この作品はストーリー云々よりも細田守が描きたいであろう絵やシーンや登場人物が逆に際立っていたとも取れるかなと思った。全体がファンタジーめいていて概念的なこともあって、ひいおじちゃん(福山雅治声カッコいい)青年期や、くんちゃんが電車に乗るシーンなどは特に細田守っぽさが感じられるし、好きな構図なんだろうなと勝手に想像した。

題材として「家族」が大きなテーマとして取り上げられていて、自分が生まれた時にお兄ちゃんは私のことをどう思っていたのかな〜お父さんお母さんはどう接してくれていたのかな〜と、自分の家族、過去についてふと考えるきっかけになるのは素敵だと思った。
くんちゃんにイライラしちゃう
俺は支持する

くんちゃんの成長譚

細田守監督の実験的?作品

短編集な創りが面白い

意外と共感出来るし単純に面白いと思う

先入観無し、過去の細田守作品感無しで観て欲しい
のぶよ

のぶよの感想・評価

3.0
くんちゃんが自転車乗ろうとしているときのまわりのキッズたちとの声の違和感
あのちっちゃい子のジブリ風味なんだろう
そこそこで良いの良いけど…うん、人の家の歴史を見たね…
現場からは以上です
harema25

harema25の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

子供の声の違和感が残念だった

福山雅治さんの声はよかった
POCHACO

POCHACOの感想・評価

-
想像以上に未来のミライちゃんが出てこなくてビックリした。
>|

あなたにおすすめの記事