未来のミライの作品情報・感想・評価

未来のミライ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月20日

製作国:

上映時間:98分

3.0

あらすじ

「未来のミライ」に投稿された感想・評価

彩

彩の感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

途中で寝た。

上白石さんは君の名は。のとき良かったけど、くんちゃん明らかに少〜青年期の女の子の声で、うーん…
そもそもくんちゃんが何才かすら分からず(聞き逃した?)、イヤイヤ期なのか何なのか、いまいち感情移入できなかった。

あと「妹の兄であることを受け入れる」って、「子どもの母親であることを受け入れる」とかに置き換えて考えたら気持ち悪いテーマだなと思ったのも。
妹が好きだから自然と「(ここで必要とされてる)お兄ちゃん像」になったならまだしも、周りに言われて強制的に受け入れさせられるって、何だ??

よく現代のアカデミー賞に出したなコレって感じ。
ちっちゃい子とその親が一緒にみる教育映画かな。一人っ子の20代がみてもそんなに響かないけど未来の東京駅は素敵ですね。
犬もいい。
あやの

あやのの感想・評価

2.1
ぐんちゃんの声が合ってないし、
設定がよくわからないまま
進んでいくからナゾが多い
kubota

kubotaの感想・評価

2.0
くんちゃんの声が子供の声に聞こえず、セリフ回しも子供とは思えない。
そのくせ常にやかましい感じに喋って可愛さアピールをしようとしてるので、あざと過ぎて好きにはなれなかった。

ストーリーも前半はまだほのぼのとしていて観れたが、後半は意味のわからない展開が続いてしんどかったです。
きゃふ

きゃふの感想・評価

3.1
好きくないってのがただただ可愛かった。

第一子ってそうだよね。下が生まれると急に愛されていないように感じて、下の子が可愛くなく感じちゃって。

くんちゃんのなかなかの反抗期は大人にとって腹立たしかったり、厄介に感じるのはわかるけれど、人の成長するための通過点というか、みんなそこは辿るところだと思う。

一人で勝手に行っちゃうのは本当にワルガキって思ったけど、まあ、人間らしさの伝わるいい映画かな。

あとは横浜や東京の描写が綺麗。
くんちゃんのショタ感がすごかった途中
yum

yumの感想・評価

3.5
完全に30代以上の子育てを頑張っている大人、それ以上の大人向けの映画で、綺麗な映像に惹かれて観た子どもやティーン、若い世代には通じ切らない感情山盛り。好き嫌いがありそうだなという映画。
大人だと誰もが、ああ分かるわ、子どもってこんな。というところと、親って。であり、夫婦って。という気づきがありつつ観るに違いない。

リアルを追求した現代ならではの美しい描写には圧倒される。建築、インテリア、家具、小物に至るまでのデザインはものすごい。時代背景やファンタジーを感じさせるシーンももちろん秀逸。
それに対し、主人公が自我の生まれる前の幼い子どもで、その精神世界が描かれているのが面白い。アニメでないと描けないであろう描写にアニメ化の価値を感じる。

惜しいなぁと気持ち思ったのが、声優さん。ステキな俳優さんを多数起用していたけど、主人公はプロの声優さんだとまた違ったように思う。
minmin

minminの感想・評価

2.8
んー

可愛いかったけども

残念
ZOMBIETIME

ZOMBIETIMEの感想・評価

4.0
タイムトラベルの非現実性を無垢な子供のおぼろげな記憶と結びつかせるアイデアは面白いと思ったけど、今ひとつ推進に欠ける。ちゃんとしてほしい
>|