未来のミライの作品情報・感想・評価

未来のミライ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月20日

製作国:

上映時間:98分

3.0

あらすじ

「未来のミライ」に投稿された感想・評価

がん

がんの感想・評価

4.5
あ〜好き❤️

くんちゃん可愛すぎ!
他のちびっ子達も可愛い😍


めっちゃ子供が欲しくなる…

小学校に戻りたい!笑
弟か妹とほしかったな…
コユキ

コユキの感想・評価

3.5
顔が良い。
つまらなかったです。

先祖からのつながりだとか、
想像力が開いてくことの大切さとか、
そういう話をしたいのかなぁとは思うんだけど、
作品としてうまく流れてないと感じました。

そういう主義なんで最後まで見たけれど、
意外性もないし、一瞬のきらめきもない。

私はいま1歳4ヶ月の娘がいるんですが、
意識的に育児に参加してるため、
まごつく父親の感じがイライラするし、
母親のスタンスにも違和感があります。

自分と違うから受け入れないってつもりはないんだけど、
わりと子育ての話であるだけでなく、
なんならマシな父親として描いている感じがきついって思う。

あとくんちゃんの声に違和感があったんだけど、
誰があててるかを知ってさらにげんなりした。
ただでさえこいつなんなんて思ってただけに、
そういう業界の力学を感じてきつい。

ただ、くんちゃんがわがまますぎるって反応が多くて、
それはそれでもんすごい残念。
あんくらいのことを許容する社会であれよって思う。

いろいろ言いましたが、
なんつっても重要なのは、
作品として面白くないということです。
つまんなかった、よくわからん
「時をかける少女」「サマーウォーズ」など大好きな作品を手掛けてきた細田守監督作品。近作は個人的に全く面白く無い作品を作ってきていたので本作も期待はしてませんでした。落とした期待を更に下回る出来映えの本作。色々と気に入らないところはあるけれど、まとめるとショートショートの寄せ集めでその都度オチが無い。クライマックスがオチに相当すると思われているなか知れないけれども違う。「物を語っている」けれど時間が恐ろしく長く感じた。細田守監督の次回作に期待をしたいけど、もう無理なんだろうか...
えり

えりの感想・評価

-
クリスマスキャロルだ…
わりとよかった
momoko

momokoの感想・評価

4.0
訓ちゃんのドツボにハマっていく感じ、共感するなー。妹だけど。

バウンサーとかおもちゃとか、子育てグッズがリアル。

ひいじいじかっこいいな。
子供のイヤイヤ期の話
ってことですかね

ひーじぃちゃんに惚れた
老若男女問わず楽しめる映画を作るのってすごく大変なんだろうなぁ。
物語が絶妙にシンプルで絶妙に複雑でメッセージ性もシンプルで。

時かけとサマウォーズとバケモノの子とおおかみこどもをうまく混ぜ込んだかんじなのかなぁ。
短かった分、物足りなさがあったけど、子供が見ることを考えた上でならちょうどいい感じだったのかなと。
>|