かよ

15時17分、パリ行きのかよのレビュー・感想・評価

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)
3.2
イーストウッド監督作という品質保証に加え、事件の当事者が演じるというのに興味を惹かれた。

パリ行きの電車で起こったテロ(ついつい新感染がよぎるのを振り払うのが大変だった)事件で、英雄となった3人の若きアメリカ人。彼らがどんな人物かという描写に時間が割かれる。それは理解できるけれど、めちゃくちゃ退屈な時間があってあやうく寝落ちするところだった。

納得感はあるし、痛快な感じもあるのだけど、そこまでのれなかった。
実際にあった話を映画化されたものを見ると、映画じゃなくて、読み物で読めれば良かったな、と思うことが最近多い。

とはいえ、後で、メインの3人以外もほとんど本人と聞いて、え!あの人も⁉と驚いた。