なやら

15時17分、パリ行きのなやらのレビュー・感想・評価

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)
4.0
面白かった!
旅行パートが大好きである。あのごく普通な観光地めぐり感、ごく普通なハメ外し感がとても馴染み良い。
イタリアで出会った美女と仲良くなって同行してたのに、その美女が何事もなかったようにふと消えてる感じもよい。ベネチアを一望する高台へ至る階段を撮った場面で、その美女が「現れない」ショットにら痺れた。
後半も、夢破れた男が別の舞台で本懐を遂げる話としてアツい。あの日あの時あの場所でな感じも好き。かつては校長室に呼び出されてばかりだった母親たちが、最高栄誉の場で再び顔を合わせてる様にもグッとくる。オランドは役得。