夏色ジーン

15時17分、パリ行きの夏色ジーンのレビュー・感想・評価

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)
3.5
感想川柳「一瞬の 判断の差で 大違い」

レンタル店でパッケージ借りでした。。φ(..)

2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせていたアメリカ空軍兵スペンサー・ストーンとオレゴン州兵アレク・スカラトス、二人の友人の大学生アンソニー・サドラーが犯人に立ち向かう…というお話。


最近のクリント・イーストウッド監督に多い実話を基にした作品。(´・c_・`)しかもメインの3人を演じるのは当事者本人たち((((;゜Д゜)))

列車の事件そのものはあっという間に終わってしまうので、物語の半分以上は8歳から幼なじみである3人の過去の話。(。´Д⊂)

過去と現在を織り交ぜた展開より、時系列を追った方が良かった気がするf(^ー^;めちゃくちゃドラマチックな展開なわけじゃない、誰でも英雄になれる可能性があるけど、死んでもおかしくなかった。

スペンサーは敬虔なキリスト教徒の兵士だから、いざというときの使命感がすごい。(・・;)
しかも犯人の銃が弾詰まりを起こすあたり、運命的なものを感じずにはいられないですな。( ☆∀☆)

アクションも素人な感じはしなかった。(;゜∀゜)

特典映像のキャストのコメントも見ると、より深く分かると思います。(*´-`)




気になるセリフ
『主よ、私を平和の道具にしてください。』

んでまず(^_^)/~~