15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

えみ

えみの感想・評価

4.0
まず、本人達が演じている辺りがよい。びっくり。
その事件だけじゃなくて、3人の人生を描いてる感じ。盛り上がるところがあるわけじゃないからつまらないと感じる人も要るかもしれないけど、これでいいと思った。変に事件だけをピックアップしない辺りも私は好き。
やっぱり、イーストウッドの映画ってなんか好き。
Poop

Poopの感想・評価

3.0
実話なのでフィクションのような派手さは無いけどそれがリアルだった。
役者が本人さんとか
filmore

filmoreの感想・評価

3.8
ジワジワくる〜。
A

Aの感想・評価

3.5
シンプル。

淡々とすすむストーリーで、気になったのはキャスト陣だれもみたことないな〜くらい。

観終わった後調べてみると…納得。
実際に起きた事件をもとに、当事者を主役として起用したらしい。
チープな言い方になってしまうが、ドキュメンタリーだけど大規模な再現ドラマに近いような。

それを踏まえると、シンプルながらもとてもメッセージ性が強くリアルに近い映画なんだと思いました。嫌いじゃないな!
カンタ

カンタの感想・評価

3.0
旅行シーンが長過ぎた
tonton

tontonの感想・評価

3.5
登場人物が実際の人物というドキュメント

実際に起きた事件をそのままと聞き
Instagramに、各写真があり、面白かった。
n

nの感想・評価

4.0
実話なのがすごい
ぶみ

ぶみの感想・評価

4.0
クリント・イーストウッド監督、2015年8月21日、15時17分アムステルダム発、パリ行きの高速鉄道タリス内で起こった銃乱射事件に立ち向かった三人の若者の姿を描く伝記映画。
この映画の何が特筆すべきかと言えば、やはり若者三人を本人が演じていると言うこと。
事件の当事者が演じることで、究極のリアリティが生じるため、同監督はもとより映画界においても、かなりの実験作。
前半から中盤にかけては、三人の少年時代や、何気ない日常、楽しげな旅行シーンで埋められ、一見無駄ではないかと思わせるが、それらが全て伏線となり、最後に収束する脚本はお見事の一言。
今や、誰もが突如凄惨な事件に巻き込まれる可能性がある悲しき時代、普通の毎日が最高の幸せであると再認識させられるともに、そんなシーンに出くわした時に、一体何ができるのかを、ふと考える機会を与えてくれた良作。

これは、誰の日常にも起きる現実。
ず

ずの感想・評価

3.5
初めての努力の結果挫折を味わうも、人々を救うため毎日導かれるように生きてきた男とその親友の武勇伝。列車の中で誰もが殺される可能性があった状況にあの3人が居合わせたっていう実話、もう導かれてるとしか言えないよね。
あとは、実際のテロの場面ほんま最後の十数分しか無くてそれまでずっと前置きなのに、それなのに1.5hくらいにまとまってるんだよね。それに比べて邦画ってさ、毎度毎度長くね?ってふと思った。
>|