15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

かよ

かよの感想・評価

3.2
イーストウッド監督作という品質保証に加え、事件の当事者が演じるというのに興味を惹かれた。

パリ行きの電車で起こったテロ(ついつい新感染がよぎるのを振り払うのが大変だった)事件で、英雄となった3人の若きアメリカ人。彼らがどんな人物かという描写に時間が割かれる。それは理解できるけれど、めちゃくちゃ退屈な時間があってあやうく寝落ちするところだった。

納得感はあるし、痛快な感じもあるのだけど、そこまでのれなかった。
実際にあった話を映画化されたものを見ると、映画じゃなくて、読み物で読めれば良かったな、と思うことが最近多い。

とはいえ、後で、メインの3人以外もほとんど本人と聞いて、え!あの人も⁉と驚いた。
Yuri

Yuriの感想・評価

3.5
ラストで一気に山場があり、実話で本人達が演じてるのは見応えがありました。
想像してたのとは少し違ったけど、実話なのがすごいし3人の勇気に拍手を送りたくなりました。
白石

白石の感想・評価

3.5
実話でしかも本人たちが出演してるのかよ!!!!
すげぇな!


面白かった!
飾らない感じがまじでリアルだった

寝坊したのは笑った!
腕立てあんなにやらされたら挫折するな

母親たちの教師へのキレ方に文化の違いを感じた
こうあるべきだ!!!!!
Lily2018

Lily2018の感想・評価

2.5
期待外れ感が。。
予告編から受けるスリリングな印象を上回らなかった。
Kaho

Kahoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ヨーロッパ観光後の機内鑑賞。
中東系の航空会社を利用したため日本語の字幕や吹き替えのないものがほとんど。よって選択肢は絞られ初の同監督作品を観ることに。自分の力で出来ること(努力)をしたのにダメじゃ最悪と言っていたスペンサーが自分の信仰から全ては導かれていているんだとはっきり悟るシーンがとても良かった。
みなみ

みなみの感想・評価

3.6
出演者が役者と疑うくらい演技が自然でびっくり
3人の掛け合いとかもいつも通りの会話って感じで一緒に旅行してる感覚
よしき

よしきの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

事件の当事者を起用し、実際のテロ事件を描いた実話映画。色々とチャレンジしていてるけど、映画として面白いかと言われるとうーん。特にヨーロッパ旅行のドキュメンタリー調の話の進め方が少し退屈だったかな。
でもこの映画を観ることでこの事件を知ることができたのは大きい。下手したら命を落とすかもしれない出来事を前に、行動に起こせた彼らの勇気に敬意を込めて…。

人生に無駄なことはない。なんでもないことが、後々何かに繋がる可能性があるんだね。
20180314新宿バルト
あのね、これがイーストウッドの撮りたかった集大成でしょう。
それが伝わったのなら素人だとかそういうのは関係ない。
男がどう生きて、どう死ぬか。それを追求し続けてきたイーストウッド監督がたどり着いた先の究極の表現方法として、この映画があるんですよ。
ラストシーンで涙が止まらなかった。
kanamin555

kanamin555の感想・評価

4.2
さすがクリント・イーストウッド監督!と思わせる映画でした。そして主役の3人もありのままを演じてる感じで良かった。
>|