15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

かよ

かよの感想・評価

3.2
イーストウッド監督作という品質保証に加え、事件の当事者が演じるというのに興味を惹かれた。

パリ行きの電車で起こったテロ(ついつい新感染がよぎるのを振り払うのが大変だった)事件で、英雄となった3人の若きアメリカ人。彼らがどんな人物かという描写に時間が割かれる。それは理解できるけれど、めちゃくちゃ退屈な時間があってあやうく寝落ちするところだった。

納得感はあるし、痛快な感じもあるのだけど、そこまでのれなかった。
実際にあった話を映画化されたものを見ると、映画じゃなくて、読み物で読めれば良かったな、と思うことが最近多い。

とはいえ、後で、メインの3人以外もほとんど本人と聞いて、え!あの人も⁉と驚いた。
最後は圧巻。
こうき

こうきの感想・評価

3.6
2015年に起きたパリ行きの特急列車内で起きた無差別テロ襲撃事件(通称「タリス銃乱射事件」)をクリント・イーストウッドが監督した実話映画。
この映画の凄いところは、真実を当事者本人が演じ、乗客までもが出演していること。実際起きた場所でも撮影している。

いつどこで起きるか分からない「テロリズム」をたまたま列車に乗り合わせた時に対応できるか…
自分ならどうだろう。

映画の構成が中々良かった。幼馴染3人の幼少期から事件発生まで主軸とし見せつつも、所々で事件の内容を見せるという構成は物凄く良かった。
爺さんの悟り映画
ふうか

ふうかの感想・評価

3.6
本人が出てるなんてすごい。
途中は旅行記だったけど、
最後は三人の勇気に拍手ー👏
Kota

Kotaの感想・評価

3.5
現実と映画の境目。パリで起こったテロのみを切り取った映画だと思っていたらそれは最後の30分だけ、それまではテロを止めた三人の生い立ちや、15時17分パリ行きの列車に乗るまでのヨーロッパ観光。そのたわいもない会話やありきたりなシーンがこの映画にリアリティを注いでいる。普通の映画だったら退屈なんだろうけど、この話だからこそ前半が大事なんだろうなぁ。

最後のシーンとか本人登場がそのまま本人だったからちょっと混乱するよね。それほどまでに違和感がなかった。母親の役のジュディグリアだけはやっぱプロの飛び逃げた演技力ではあったけど。静かに淡々と描かれるからこそ、簡単に起こってしまうテロの恐さを表現してるイーストウッドっぽい映画。一つ言えるのはヨーロッパ行きの飛行機で観るものではなかったってこと(笑)。
サエキ

サエキの感想・評価

3.0
思っていた感じではなかったけどゆるりと観るには調度いい時間と内容かな
二郎

二郎の感想・評価

3.5
実話を元にした映画でしかも本人が出演してるなんて驚き、俳優だと思ってた。
電車に乗るまでの時間がめっちゃ長いなと感じたけど、あの状況で自ら行動を起こせるのはすごいと思った。
>|