15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

コウ

コウの感想・評価

3.7
テロ制圧の事件ものだと思ってみちゃダメな作品。ある若者の、生い立ちから運命に導かれるようにしてあの現場に行き着くまでの物語で、その最後があの事件なので。

キリスト教的、ヒーロー願望的な部分はいかにもアメリカっぽいけど、そんなところもひっくるめて嫌いじゃない。
最初はご本人たちが演じてると知らなかったので、最後までみてびっくりした…。

ちょっとヨーロッパ観光行きたくなったw
観たかったのをやっと観れました
幼なじみ3人の話が細かく書かれていて良かったです
観光シーン?もあって楽しくみれたし飽きない映画でした
yachiyoooo

yachiyooooの感想・評価

3.3
ストーリー展開はとても分かりやすく単純ですが実話と考えると凄いですね。
最後は圧巻。
こうき

こうきの感想・評価

3.6
2015年に起きたパリ行きの特急列車内で起きた無差別テロ襲撃事件(通称「タリス銃乱射事件」)をクリント・イーストウッドが監督した実話映画。
この映画の凄いところは、真実を当事者本人が演じ、乗客までもが出演していること。実際起きた場所でも撮影している。

いつどこで起きるか分からない「テロリズム」をたまたま列車に乗り合わせた時に対応できるか…
自分ならどうだろう。

映画の構成が中々良かった。幼馴染3人の幼少期から事件発生まで主軸とし見せつつも、所々で事件の内容を見せるという構成は物凄く良かった。
爺さんの悟り映画
ふうか

ふうかの感想・評価

3.6
本人が出てるなんてすごい。
emeth

emethの感想・評価

3.5
アメリカ人は英雄が好きやのー。
イーストウッド自撮り棒に感銘受け過ぎやろ。
途中は旅行記だったけど、
最後は三人の勇気に拍手ー👏
>|