15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

marina

marinaの感想・評価

-
ドキュメンタリーではないし、フィクションとノンフィクションの間というか…監督なかなかお年召されてるのに新鮮な感覚を持っててすごいなーとまず思います。

前半の生い立ちや学んだこと、少しむさい男旅などの一つ一つのシーンでの決断が最後の奇跡に繋がっているし、遠回りかも知れないし、自分が1番やりたかったことではなかったかも知れないけど経験が全て活かされていくんだと感じました。
例えば自分が同じ立場だったら、パリに向かうことを後悔したと思う、行かなかったら行かなかったで、あぁラッキーだったなとも思うだろうし。電車に乗っていたら彼らのように容疑者に向かっていく勇気はまず無い。もし柔術や応急救護をやっててもすぐに身体が動かないと思う。だからあの場に米軍兵がいて良かったとかじゃなくて、身を呈して守る勇気を持った人がいたっていうのが1番の奇跡だと思います。
彼らの勇気を見ると、平和ボケしてる自分がいるのがわかります。軍隊とか銃とか知らないで育ったってのもあるからかな?これを映画として観て、自分の知らないところで起きている事実として知らせてくれるのはすごいです。ヒーローの伝記としても素晴らしい。
役者さん、ご本人とは聞いていたけど、撃たれたマークさんご夫妻までご本人とはビックリ…
sKuBo

sKuBoの感想・評価

3.5
ボウズ、指切られてんぞ!!!!!
思いやれ!!!!
まめこ

まめこの感想・評価

3.5
実話を基にした物語。テロリストとの戦いのシーンは少ない。3人のこれまでの人生がメイン。
LENA

LENAの感想・評価

2.0
主よ 私を平和の道具にして下さい
憎しみには 愛をもたらし
いさかいには 赦しを
疑いには 真実を
絶望のあるところに 希望を
闇のあるところに 光を
悲しみには 喜びをもたらすために
私たちは与えることで
与えられ また 赦すことで赦され
死ぬことによって永遠の命をえるのです
アーメン
shun

shunの感想・評価

3.3
本人達が演じてるとのことで+0.3
SariKim

SariKimの感想・評価

3.7
最後のシーンで実話やったって知って
調べてみたら本人が本人を演じてるらしくてびっくりした

からちょっと評価上げた⭐️

実話と思ったら恐ろしすぎる
テロ事件に遭遇した当事者たち本人が何人も出ている衝撃の作品。何度も撮影を止めたらしいし、本人たちだからこそ描ける緊張感とか緊迫感が出ていたかもしれない。

原作では描かれていた犯人の過去を描かないで突然登場させたことで、普段の日常で遭遇してしまった人達の気持ちを追体験できるような演出にしているのは素晴らしい演出だと思った。

行動を起こしたことで良い方向に結果が転んだ今回の事件だけれど、短絡的に行動をすることだけがいいことではないとも思うので少し考えさせられた作品
類

類の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

これが実際に起こった事件だと思うとゾッとする。この悲劇に立ち向かった勇敢な3人は本当に凄いと思う。
そしてその人達を映画でそのまま登場させたのが吃驚!!

普通に見てるときはラストまでの過程が長いなぁって思ったけど、全部見たあとにはこの彼らの過去があっての現在なんだなって、思った。


自分なんて1ミリも正義感出ないだろうなぁ。


これに関わった実際の人達、恐怖を乗り越え完成させたのかなとそこでも感極まる気がします。
とっと

とっとの感想・評価

3.6
本人が本人役で出演というのが見終わって信じられないです。演技うますぎじゃ?なんで、芋臭くないんだろうか。本当すごい。
正直、トレーラー見てて衝撃のラスト!っていうよくあるよく見るトレーラーで犯人との格闘が大々的に出されていたのでそういう目線で見ていたので電車乗るまでがちょっと長いなって思ってしまった面はありました。
でも、その全てが犯人と出会うまでの伏線に見えるから凄い。
この人たちはなるべくして英雄になったという運命を信じざるを得ない。途中途中すごく不憫だなと思うシーンがあってそれが報われた気がして嬉しかったです。
多分こういうことを言いたいんではないとは思うんですけど、人は学力や成績だけで判断してはいけない。心が大事ということをすごく思いました。
>|