15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.7

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

marina

marinaの感想・評価

-
ドキュメンタリーではないし、フィクションとノンフィクションの間というか…監督なかなかお年召されてるのに新鮮な感覚を持っててすごいなーとまず思います。

前半の生い立ちや学んだこと、少しむさい男旅などの一つ一つのシーンでの決断が最後の奇跡に繋がっているし、遠回りかも知れないし、自分が1番やりたかったことではなかったかも知れないけど経験が全て活かされていくんだと感じました。
例えば自分が同じ立場だったら、パリに向かうことを後悔したと思う、行かなかったら行かなかったで、あぁラッキーだったなとも思うだろうし。電車に乗っていたら彼らのように容疑者に向かっていく勇気はまず無い。もし柔術や応急救護をやっててもすぐに身体が動かないと思う。だからあの場に米軍兵がいて良かったとかじゃなくて、身を呈して守る勇気を持った人がいたっていうのが1番の奇跡だと思います。
彼らの勇気を見ると、平和ボケしてる自分がいるのがわかります。軍隊とか銃とか知らないで育ったってのもあるからかな?これを映画として観て、自分の知らないところで起きている事実として知らせてくれるのはすごいです。ヒーローの伝記としても素晴らしい。
役者さん、ご本人とは聞いていたけど、撃たれたマークさんご夫妻までご本人とはビックリ…
微妙に内容の薄い旅物語
実話を基にした映画で、しかも主演の3人が本人という映画。‬
‪少し長いアンビリーバボーを観ている感覚だった。期待されてる映画ってイメージだけど、他の人たちは観た後どんな感想を持ったんだろう。‬
子ども時代のシーンで、教師から発達障害と決めつけられ薬を飲むよう言われるところ、「サムサッカー」を思い出すが、2000年代初頭からのことか。
事件が起こるのはラスト30分
それまでは3人の子供時代や、ヨーロッパ観光なんかで、退屈かと思いきや、それも結構面白かった。
さすがイーストウッド監督。
rienbow

rienbowの感想・評価

3.9
学校で社会性学んだりって大事だけど、均一化を求めて個を殺す危険性もあるよね。先生たちしょうもなって思う一方、親の子ども味方の姿勢良かった。人の価値はどこで、いつ決まるのかなんて本人だって誰だって分からないんだからって。スペンサーのお祈り、死ぬことで永遠の命に甦るのです、が好き。人間性について考えさせられる映画でした。
ゆ

ゆの感想・評価

3.5
あれ、事件の話がメインじゃないんだ!が第一の感想。
公開してる時にラジオとかでやたらと情報流してたから、前情報なしに見たかった…。
いわし

いわしの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ヨーロッパ周遊のシーン(特にアムスのクラブ)がよかった。
スペンサーには奥行知覚能力がなかったからジャック犯に飛び込むことができたという最大の伏線に感動した。
TKHR

TKHRの感想・評価

3.9
とても良い映画に出会えた。
3人が素敵すぎる。
3人の生い立ちから…犯人になぜ立ち向かったのか、なんであの列車に乗ったのかをゆっくり流してくれる映画。
エンディングでBGMだけなのも良かったし、BGMも良かった。
流石クリント イースト ウッド。

実話で本人たちがそのまま出てるのも良かった。
だから実際の授与式の映像がそのまま使われてた。
めっと

めっとの感想・評価

4.7
本人達が演技したということがより物語をリアルにみせてたと思う。
彼らのように勇敢であることが、私たちに誰でもヒーローになれるということを教えてくれた。
>|