15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

marina

marinaの感想・評価

-
ドキュメンタリーではないし、フィクションとノンフィクションの間というか…監督なかなかお年召されてるのに新鮮な感覚を持っててすごいなーとまず思います。

前半の生い立ちや学んだこと、少しむさい男旅などの一つ一つのシーンでの決断が最後の奇跡に繋がっているし、遠回りかも知れないし、自分が1番やりたかったことではなかったかも知れないけど経験が全て活かされていくんだと感じました。
例えば自分が同じ立場だったら、パリに向かうことを後悔したと思う、行かなかったら行かなかったで、あぁラッキーだったなとも思うだろうし。電車に乗っていたら彼らのように容疑者に向かっていく勇気はまず無い。もし柔術や応急救護をやっててもすぐに身体が動かないと思う。だからあの場に米軍兵がいて良かったとかじゃなくて、身を呈して守る勇気を持った人がいたっていうのが1番の奇跡だと思います。
彼らの勇気を見ると、平和ボケしてる自分がいるのがわかります。軍隊とか銃とか知らないで育ったってのもあるからかな?これを映画として観て、自分の知らないところで起きている事実として知らせてくれるのはすごいです。ヒーローの伝記としても素晴らしい。
役者さん、ご本人とは聞いていたけど、撃たれたマークさんご夫妻までご本人とはビックリ…
kudakazu

kudakazuの感想・評価

3.7
パリからの帰国便で鑑賞。パリの風景は全く出てこずでしたが(そりゃそうか笑)、本人をキャスティングするという企画に脱帽。これ本人じゃなかったら全然ダメな映画なんだろうな。
最後のニュースのシーンが印象的だった。
wakio

wakioの感想・評価

3.7
雲の上で観賞。
実際に起きた銃乱射事件とそれを防いだ男性三人組にスポットを当てた作品。
驚いたことに、男性三人組は本人によって演じられております。だからこそ、この作品のテーマの一つである「勇気」についてストレートに伝わるものがありました。
事件に至るまでのパーソナルな部分から丁寧に描いていることも相まって、人物に自己投影もしやすくなっています。かなり写実的で意欲的な作品ですが、見応えはあると思います。
IpponKnock

IpponKnockの感想・評価

4.0
本人を起用したのが大正解だと思う。
事件が起こるまでを中心に描かれ、改めて奇跡だと思う。
緊張感はハンパないです。
dodo2121

dodo2121の感想・評価

2.8
実話がもとで本人たちが出演していたみたいで本人たちの演技も自然で良かったが、十数分の出来事を90分以上に引き伸ばしただけのような気もしない
maya

mayaの感想・評価

3.4
本人たちが演じてるということで、どんな感じか楽しみにしてたけど、思ってたより演技うまくてびっくりした。
映画自体面白かったけど、メインのシーンが一瞬だったので少し物足りなかった。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.5
ええええ
これ、主人公たちご本人だったの…!?
何にも知らずにみてたのでびっくりしました。すげーことするな…!

予想してたタイプの映画ではなくて、ヒューマンドラマというか、ロードムービーというか、何これどういう映画なん…今なに見せらとるんやろ、というのが正直な感想でした。
たびたび場面が飛んで「知らん間に何があった?」って置いてけぼりにされた気分になるんだけど、鑑賞後にはそれも味だなあって思いました。幕間にも人生はあるんだっていう強烈なリアリティを感じました。

その場に居合わせたヒーローになった人たちが、何故そうなったのか。現実にははっきりとした使命や理由なんてなくて、その人の生きてきた時間や経験が物語るものなんだなー。

すごいなーって思ったのは勲章を受け取るような会場に、ポロシャツでいくんやね、外国!
cana

canaの感想・評価

3.8
実話を本人が演じているらしく、不思議な感覚で観てよかった👏🏻
イーストウッド作品でハードルが上がっていた分、盛り上がりに欠けたやや薄味な映画。テロ再現シーンは意外とあっさりだがラストの展開はグッときたよ。
>|