15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.7

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

Runpo

Runpoの感想・評価

4.2
普通の若者が勇気を振り絞って暴力と戦う。ジーンときた。良い作品。
この映画は実際に起きた事件をテーマにしていたが、色々な意味で新鮮だった。
アメリカ人3人がヨーロッパ旅行に行って、その旅の途中の15時17分発パリ行きの電車で起きたというのが事件の概要。
まず、何がすごいかっていうと、その事件に居合わせ、犯人を倒した人をそのまま使っているということ。つまり演技の素人だ。素人のはずなんだけど…ふつうに演技うまい。普通に俳優になれるんじゃないかと思った。
あと、この映画、事件が起こってからの描写が意外に少ない。主人公が犯人を倒すまでの時間はかなり短く、この映画の1割にも満たない。むしろ、この映画は、主人公と友人の生い立ちや、事件に遭うまでの旅行の様子に時間を割いていた。
彼らがドイツやアムステルダムで楽しんでるシーンは、正直、自分は観光番組を見てるのか?と思ってしまった。とにかく、彼らは非常に楽しそうだった。
だが、彼らは、その楽しい旅の途中でこの事件に遭った。監督は、事件でなくむしろ観光のシーンを長くする事で、あのような事件はいつどこで起こるか分からないということを表現したかったのだろうと思った。
そして、主人公の生い立ちを知ってからの最後のシーンは非常に感動させられた。
いい映画だった。
TOHO六本木ヒルズ 2018/3/22
思ってた映画と違うランキング1位
学者

学者の感想・評価

3.4
備忘録
実在の人物達が演じる実話映画。
子供の頃からの目標を達成する為の 人間模様が
非常にリアリティに描かれていた。
kk7664

kk7664の感想・評価

4.0
やはりイーストウッド監督の映画は好きだ。
イーストウッド監督がこの作品でやりたかったことはすごく理解できるし、その目的は達成されていたと思う。
しかし、それが映画作品として面白かったといえば別問題だと思った。

一番気になったのは旅行シーンの長さ。
意味は理解できるし尺の関係もあるけど、少し長すぎなような…

当事者本人達の出演は思っていたより違和感はなかった。
列車内のシーンは流石の一言。

決して悪い作品ではないが、『イーストウッド監督作品』としては物足りなかった感は否めなかった。
一般人

一般人の感想・評価

3.7
映画として否定したくなるほどの無茶も、現実と虚構の境界を喪失には必要なのかもしれない。偶然を必然に書き換える演出。
>|