15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

ZOE

ZOEの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

正直よく分からん
ただただ若者達の旅をとそれに至るまでの過去を描写し、最後は「よかったね」で終わる

起承転結もなし
伏線もなし
実話を元にしすぎてる感
この手のは苦手です

ノンフィクションで、実際に経験した人が主演してるって面では斬新やけど、映画としては微妙...

まあでも昔悪ガキやったやつらでも人の役にたてるんやでっていうメッセージは多分あったんやと思う

総評して、かなり微妙
実話系が好きな方は好きかも
はま

はまの感想・評価

3.5
主要キャストが本人(素人)。
クリント・イーストウッドじゃなきゃこんな映画作れないと思う。
こういう人、ほんとにいるんだなぁ。
なるほど。彼らはあの列車に乗り合わせてしまったのではなく、乗ることが決まってたのか。
3人が出会った時から。
旅行に行ったのも、クラブで酒を飲んだのも、15時17分のパリ行きに乗るためだったんだ。

ではこの列車に乗り、行動を起こし、人々に勇気を与えたのは、何のためなんだろうか?それは、彼ら英雄たちの人生に幸あれってことだ。
とても面白かったです
0y0

0y0の感想・評価

5.0
ショットの精度、照明、役者もはやどうでもいい。シネフィル的な審美眼でこの映画みるとイーストウッドの意図を確実に取りこぼす。ブラック・パンサー、インフェニティ・ウォーのあとだから断言するけど今年最高のヒーロー映画。ある日突然遺伝子操作された蜘蛛に噛まれたり、両親殺されたトラウマから蝙蝠のコスプレしたり、そうじゃないんだよ。やるべきことをやるべきときにやれ。そうしなければならないときが必ずやってくる。

プロの役者も何人かいるけど実際の事件の現場、三人の道程に居合わせた人々が各自の経験をもとに肉体と感情を反応させ続けるってヤバくないですか?イーストウッドはおそらく演技経験のない彼らに演技指導をしていない。彼らの人生、事件を再現、再設定することで普通のひとたちである彼らにただ反応させてる。15時17分、パリ行きはフィクションでもノンフィクションでもない何か。これがクリント・イーストウッド88歳の最新作だとはゾッとする。
派手な演出、音楽、映像がない。
本人だからこそのリアリティ!
軽快なセリフの言い回しもアメリカくさくて、よい。
ふとした時に自分の人生について悩んだり、そういう強さの裏の弱さ。両面をもつ人間味の表現はクリントイーストウッドならではなのかな。
リリィ

リリィの感想・評価

3.5
実話をもとにした作品。クリント・イーストウッド監督の作品は好きかも。
本人が演じてるらしいの今知った
問題児から勲章まで
題名などから公開当初は密室サスペンスパニックものだと思っていた。
電車内の描写はわずかだが、活躍した本人たちの背景をとても丁寧に描いており予想とは違ったが味わい深くとても良かった。
前置きが長いという感想も見られるが、
私はこれはこれで好き
実話を本人たちが再現してるって、知らないで観た。話題だけど思ったよりは普通だな〜と思っちゃった。でも知ってて観たらまた変わりそう。だからもう一回みる。
>|