15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.7

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

ZOE

ZOEの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

正直よく分からん
ただただ若者達の旅をとそれに至るまでの過去を描写し、最後は「よかったね」で終わる

起承転結もなし
伏線もなし
実話を元にしすぎてる感
この手のは苦手です

ノンフィクションで、実際に経験した人が主演してるって面では斬新やけど、映画としては微妙...

まあでも昔悪ガキやったやつらでも人の役にたてるんやでっていうメッセージは多分あったんやと思う

総評して、かなり微妙
実話系が好きな方は好きかも
koji

kojiの感想・評価

-
イーストウッド監督映画リアリティがあって面白い。
加藤遼

加藤遼の感想・評価

3.0
まさか本人がやってるなんて。
こういうドキュメントみたいなやつは評価しにくい。デトロイトとかも
実話であり、この作品に出てるキャストは実際にこの事件の現場に居た本人たち。つまりは、犯人に立ち向かった勇敢な男たちが自分たちで再現しちゃってる映画でした。(欲を言えば、乗客の誰かが実際の車内での様子を動画で撮影していれば尚よかったかも)
半分は彼ら3人の生い立ちになっていたけど、犯行シーンとか立ち向かっていくシーンとかは生々しい雰囲気でよかった。
Masaki

Masakiの感想・評価

3.7
クライマックスまでの持っていき方がうまい。ただそのクライマックスは少々物足りないかなぁ。もう少し長くてもよかった。
途中出てくる日本人らしき女性がかわいかったです。
yuki

yukiの感想・評価

5.0
勇気をもらえる。
真のかっこよさ、人間味とはこのことなのではないか。
izu

izuの感想・評価

4.0
ノンフィクションであり
ドキュメンタリーであり
観た人にしか伝わらない、ストーリーの深みとリアリティ。
あえて、当事者本人を起用し描かれた数分の出来事。
その背景を知るからこそ、映画として成立させた、監督の強い想い。
特別ではない。
勇気と友情と、そんな誰の周りにもある当たり前が描かれた感動作。
ガス子

ガス子の感想・評価

4.4
序盤はロードムービー風に気の知れた友達と観光地を巡る感じでいや~旅っていいわねぇってなった瞬間にうわぁぁぁあってなるやつ。
キャストがご本人っていうのが一番の驚きだけど!
日本にいるとわかりづらいけどいろんなことが今起こってる。海外旅行にいくときは保険必須ですわ…
Noriko

Norikoの感想・評価

3.9
抵抗する犯人が何回も主人公切りつけるシーンぞっとした

日本の新幹線内殺傷事件もそうやけど、自分の身は一切顧みずに人のために行動できる人っていつどこの時代にもいるんやなあ ほんまにすごい
>|