15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

3.0
2018.04.06鑑賞。事件に遭遇した方々が実際に演じるという実験的な作り方をしているが、言われなければノースター映画だと思うほど演技は自然だ。上手いなと思ったのは、冒頭に3人を登場させはするのだが、すぐに幼少期の回想に入ったところ。彼らの演技は大丈夫だろうか?という思考を遮断するとともに、彼らのバックボーンを描いて、見事に現代への橋渡しをがっちりと決める。ラストの実際のニュース映像と今回撮影した(?)映像との見事な編集を見て、これがやりたかったんだと納得。実験は大成功だったと思われる。スペンサーの丸腰で敵と対決する向う見ずな性格は軍隊時代にも描かれていたが、それより驚いたのが親友の行動だ。あの状況で、「スペンサー行け!」とは日本人には絶対に言えない・・・。
Run

Runの感想・評価

3.5

実話に基づく話を当事者本人達が演じるとは、、、

究極のリアリティ映画

凄いなー、、

まずこの3人が友達になってなかったらテロは防げてなかったわけで、3人の出逢いから始まりそれからの1つ1つの選択・行動でこの状況に辿り着いて、、

自分の何気ない行動だったり、1つ1つの選択がいかに重要なのかが改めてわかる

3人とも演技上手だったなー、リラックスできる状況を作り上げてこの映画を撮ったイーストウッド監督流石だなぁ
久々にイーストウッド師匠さまの作品が、観ることが出来ました❤
とても満足です‼

お噂には聞いてましたが、
実話ということで 「シンプル」尚且つ「大胆」だなぁ〜。って感じました。

だって………あの事件の登場人物を
本人たちにやらせてしまうなんて!
(◎-◎;) スゴいことですよ!
どんな苦労や困難があったか……!?

主人公の3人にも。スタッフさんたちにも。そして それを一つにした監督にも………!称賛の拍手を贈ります❗

面白く無かった!だの、イーストウッドらしさに欠けるだの……言ってる方々も数多くいらっしゃいますが、
実際 事件のアノ場面に遭遇した人は
数える人しか居なかったのだから、
あそこまでリアルに表現した監督はやはりスゴい監督………としか言いようがない。
現実はシンプルだけど、奥深い……。

私の中の「イーストウッド師匠の作品」ではスコアが低めだけど、
次はどんな作品を見せて下さるのか
ワクワク😃💕してます!
15時17分 パリ行き 鑑賞。

クリント・イーストウッド監督、実話でしかも主人公たちは実在の人たちが演じている。かと言ってドキュメントでもない。

すごい。

行動する勇気を与えてくれる作品。
大可大

大可大の感想・評価

3.3
イーストウッド作品だったんだ。フランス行く飛行機で鑑賞するのには中々。

このレビューはネタバレを含みます

旅行記か?ってくらい旅行のシーン長かった。テロのシーンは誇張してなくてすごくリアルだったと思う。
本人たちが演じてたっていうのが驚き。
幼なじみの3人がヨーロッパ旅行中に列車テロに出くわす。
実話プラス本人たち。
役者じゃないのに全然違和感なかった。

最初の方は3人の生い立ちなんかで人物像がみえてきます。
それからも別に普通の3人の人生。
普通の人生で突然それに出くわす。

全体的になだらかな話で進んで行きます。そしたら急に。
まあ実際もそういうものだよなあ。

日常生活描写がかなり長いのですが、
最初から最後までつながっているものがあり眠くなるってことはなかったです。
すごい話。
クリント・イーストウッド監督の映画の雰囲気が好きなので鑑賞。
すごくいい映画だったと思うか、つまらなかったと思うかのどちらかになりそう。自分は前者。
事件に遭遇した時、それまでにどう生きてきたかで、どう行動するのかが決まる。それを上手く表現できた映画だと思う。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

3.7
CMや予告で気になっていた今作
何より事件当事者の方が本人役として登場
監督の作品はハドソン川の奇跡が好きなので、
今回も期待して観てみました。
他の方もレビューされていますが、
かなり想像していたストーリーと違いました。
殆ど青年時代や欧州旅行のお話で、
本当にテロリスト出てくるの?と思いました笑
肝心の事件のシーンは断片的に出てくる以外は
最後の30分程度に収められています。

「人を助けたい」という気持ちは
誰しも心の底に思っている事だとは思いますが
実際に行動に起こすのは本当に難しい事です。
彼らも本当に普通のどこにでもいる青年で、
息抜きの休暇で訪れた場所で、
自分の知識と経験が多くの命を救うなんて
3人とも思いもしなかったはずです。
「スペンサー行け!」の一言で、
即座に犯人を取り押さえ乗客を落ち着かせ、
ケガ人の手当てをする、凄すぎて圧巻でした。

私は少し前に起きた、新幹線での事件を思い出しました
亡くなった方は犯人を取り押さえようとして
命を落としてしまったので…
自分の命が大事だけど、目の前の人を救う事は、
やはり簡単に出来ることじゃないですよね。

幼少期は校長室に呼び出される少年たちだったのに
一瞬で時の人、ヒーローになりました。
お母さんたちの誇らしげな表情素敵でした。

スペンサーが運命に導かれてる気がする
と言っていましたが、
本当にそうだったのかも知れません。
さと

さとの感想・評価

3.5
登場人物のメインを本人たちが主演してて、いままで普通の一般人だった人が演技できるんだってところが一番感心した。

ラストも感動したし事件のくだりもすごかったけど、三人が雑談してるところとか何気ないシーンが好き。
>|