15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.7

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

3.0
2018.04.06鑑賞。事件に遭遇した方々が実際に演じるという実験的な作り方をしているが、言われなければノースター映画だと思うほど演技は自然だ。上手いなと思ったのは、冒頭に3人を登場させはするのだが、すぐに幼少期の回想に入ったところ。彼らの演技は大丈夫だろうか?という思考を遮断するとともに、彼らのバックボーンを描いて、見事に現代への橋渡しをがっちりと決める。ラストの実際のニュース映像と今回撮影した(?)映像との見事な編集を見て、これがやりたかったんだと納得。実験は大成功だったと思われる。スペンサーの丸腰で敵と対決する向う見ずな性格は軍隊時代にも描かれていたが、それより驚いたのが親友の行動だ。あの状況で、「スペンサー行け!」とは日本人には絶対に言えない・・・。

このレビューはネタバレを含みます

実話でありしかもキャストも実際の人物を起用している。まったくの素人をキャスティングしているにもかかわらず3人の成長が感じられた。イーストウッド監督の演出力をとても感じられた作品。
1192鎌倉

1192鎌倉の感想・評価

4.0
映画だけど映画じゃないみたい。わざわざ大袈裟にしない。
すごく勇気にあふれていて、優しくて素晴らしかった。
あの肉厚な感じ、嫌いじゃない。
実際に起きたタリス銃乱射事件をテーマに描かれた作品。 この事件で英雄となった三人の男性を主軸に描かれる。 彼らのバックグラウンドに何があったのかを紐解きながら、当日に至るまでの経緯と事件の全容をノンフィクションに描く。その中で演じるのは当事者である若者三人のリアル演出というあたりがイーストウッドっぽいうというか.....。 でもその三人の演技がすごく良くてなんの違和感も無く見れました。


ヨーロッパやアメリカにおいてテロっていう事柄が如何にみじかにあるかということを認識させられますね。 日本って平和馬鹿してるけど、本当にいい国ですね〜
Sachitsu

Sachitsuの感想・評価

4.3
テロと急に遭遇して、かっこよく抑え込むなんて、普通の人にはできないこと。絶対にできないと思ってた方がいい。彼らはそもそも根っこに自分のことより人を救いたいという精神が強く、またそのためにさまざまな訓練をしてきた人達、勘違いしてはいけない。

それにしても、本人たちはまさに世のため、人のために何かしたいという思いが思わぬ形で実って嬉しかっただろうな。
ekuro

ekuroの感想・評価

4.2
私達は統計的に正しい判断をするように教わってきた。
しかし統計的に正しく生きることは、それなりの光を絶やさず生きることと同じである。

```
絶望のあるところに 希望を
闇のあるところに 光を
悲しみには 喜びを
死ぬことで 永遠の命に 甦る
```

あらゆる観点でまばゆく光ることなんてできない。
自分が輝けるタイミングが来た時、誰も照らすことができない闇に遭遇した時に、光ることが大切なのではないだろうか。

「今目の前で危機が訪れたら君たちはどう行動するのか」

主人公たちが学校の先生から子供の頃に受けた問いかけである。

命の危機だけではない。日々生きていく中で人は様々な危機に直面している。
あなたは自分の命を燃やしてどのように光り輝こうとしているのだろうか。
実話ドキュメンタリーと知らず勝手に列車パニックものと思って見たらほぼ列車乗ってなくて中盤の今何見せられてんのタイムが地獄。
実話ってのは素直に凄いです。
セロリ

セロリの感想・評価

3.7
3人の乗客が無差別テロ事件を防いだ実話をまさかの本人が出演するイーストウッドさんにしか許されない映画。本人役として出た彼らは演技の素人なのに違和感ないし監督手腕で相変わらず巧く収まっている。
事件が起こるまでの前半として、普通に生活してた彼らを観ている私たちが『退屈だなぁ』と感じるほど普通な彼ら。そんな彼らが培ってきた経験が、全てあの瞬間に活かされていた。フランス大統領が言ってたように人間性、危機的状況に陥った時彼らの行動に救われた話。
イーストウッド映画は欠かさず観ていたので劇場で!
…と思っていたのですが忙しさにかまけて気付けば終わってました。
???と思いながらもレンタルを待ってから鑑賞。
上映の期間が短かった理由がわかりました。
テロと聞いて、みんなの求めているものは激しい爆発音や銃撃戦といったところなんでしょうが
この作品はそれが一切ありません。
銃砲1発か2発くらいです。
現実はこんなもんかー、と思う人もいるかも知れませんが
その現実であっても、体験した方たちからすれば十分すぎるほどの非現実なのです。
その静かなテロと、それを経験した被害者、そして勇敢にもそれに立ち向かった青年たち。
この大きなテロにもなりかねなかった事件を最小規模で留めた彼らにスポットを当てて、彼らの栄光を讃えるとともにテロの非道さや怖さを静かなこの映画の中で表現したイーストウッドはさすがだと思います。
個人的にはとてもシビれました。

ただ、ただですね
2時間の映画にするにはあまりにも内容がないッッ!!
そこがキツイです!
実際英雄たる青年の生い立ちにフォーカスしてみると意外にも面白いストーリーがあったのはとても分かるんです。
でもそれでは中だるみするんですよ…
そしてテロの内容としても一瞬でカタがついて内容がないのもわかるしそこにフィクションが入るのも違うというのもわかります。

ですがこれだけの内容で長編引っ張るのは無理がありませんか?…というのが本音のところでした。

力業で長編にまで持っていったというところでこの評価にしました。

心に残るものは確実にあるけれど、ドキュメンタリー番組で良かったと思えます…!
なんだか悔しかったなー!
maechan

maechanの感想・評価

4.2
観たかった作品をやっと観れました。

海外でいきなりテロに巻き込まれて、あんな勇敢な行動がとれるなんて…
英語やから言葉は通じたかもしらんけど日本語しか喋られへん自分が同じ立場やと考えたら、絶対に何もできてない。
スゴいの一言しかでません。

終盤とエンディングでフランスでの授与式、アメリカでのパレード映像が出てきて俳優さんと本人似てるなーって思って調べてみたらビックリ!!!

皆さんも是非観てください!!
>|