15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

kuro

kuroの感想・評価

3.6
映画が映画でなくなる感覚
20180314新宿バルト
あのね、これがイーストウッドの撮りたかった集大成でしょう。
それが伝わったのなら素人だとかそういうのは関係ない。
男がどう生きて、どう死ぬか。それを追求し続けてきたイーストウッド監督がたどり着いた先の究極の表現方法として、この映画があるんですよ。
ラストシーンで涙が止まらなかった。
kanamin555

kanamin555の感想・評価

4.2
さすがクリント・イーストウッド監督!と思わせる映画でした。そして主役の3人もありのままを演じてる感じで良かった。
飛行機の中で見るもんじゃない。
少しトイレが長い人がいるだけでハラハラしてしまった。

日本語音声、最後のスピーチは英語字幕しかなかったけどそれでも泣けた。国の違いなんて関係ない。
みい

みいの感想・評価

3.5
テロ、実話、イーストウッド、で観たけど本人達がキャストでびっくり
それでこの出来はさすが
テロというより幼馴染みのストーリーだけど最後のオランド大統領のスピーチは泣けた
よかったね心優しき問題児たち
たたき

たたきの感想・評価

3.9
実話ってだけですごいけど、キャストが本人ってのも◎
とても斬新な撮り方。
見せ場とそれまでのいきさつをこう描くかと純粋に驚いた作品。肝心な場面もそうなのだけれど、幼い頃は頻繁に校長室に呼び出される問題児がヒーローになる=欠点はあるのかもしれないが、長所ももちろんあって、その伸び代も驚くものというメッセージもあって面白い。
英雄物語。
思ってたのと少し違った。
>|