15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

kuro

kuroの感想・評価

3.6
映画が映画でなくなる感覚
ろみ

ろみの感想・評価

-
退屈してしまった。
Takahiro

Takahiroの感想・評価

3.3
事件そのものよりも、事件に至るまでの3人の出会い、成長、パリ行き列車に乗る前までの旅行をたっぷりと描いた上、それらを演じたのが本人という異色の映画。

イーストウッドはこの年になっても中々挑戦的なことをしますなぁ。

小学校の時はかなり校長室に呼ばれていたり、入りたかった軍の部隊には入れなかったりと、そういった経緯が列車の事件での活躍につながったのかなぁと思わせる構成は見事。
まぁ旅の描写が長すぎて、途中でこれはテレ東の旅番組かなと思ったけどw

総じてアメリカの一般人スゲーだろ的な映画だけど、rotten tomatoesでの評価は散々(24%/39%)。

てか3人中2人が軍人って時点で、もう一般人じゃないよね。笑
DORATARO

DORATAROの感想・評価

4.0
「人生に導かれてるって思うことない?」
アムステルダム発パリ行きの列車でテロに遭遇し咄嗟の判断と勇気で犯行を防ぎ乗客を救った3人の若者。彼らの少年時代から事件までを無駄なく繋ぎ合わせることで、彼らがどんな選択をしどんな人生を歩んできたかを明らかにし、如何にしてその行動に至ったのか納得できる作りになっています。

またもイーストウッド監督は等身大の英雄を主人公に置いたわけですが、遂にはご本人らをキャスティング。87歳にもなってこんな実験的な映画を撮るっていうのは達人の境地ですね。

自分は運命を感じるのとは逆に必然的な結果を目の当たりにした気持ちになりました。過去の選択や経験の表れが今の自分なんだなって当たり前だけど思いました。
マツモ

マツモの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

飛行機の中で英語字幕で見てしまったので理解度が40%くらい(もう一度見なければ…)

当事者達による映画、ドラマ性とか無いのかなあとも思ってたけど主人公達の半生を描きながら、伏線張ってたりしてたのは結構感動したし本当に彼らはヒーローだった
Syk

Sykの感想・評価

3.5
実話というか当事者達が主演しているというなかなか珍しい作品。
吹き替え版だったのが、ちょっと残念。
147
演技経験のないその場に居合わせた本人が演じてるとあって、俳優の在り方的なのを問う映画でもある。それにしてもあんな行動とれませんわ、かっこいいやつら😭
fumi

fumiの感想・評価

4.4
日常パートと事件パートの対比や、日常パートに極力ドラマ性を持たせない演出はエレファントを連想した。序盤〜中盤はボンクラの半生を断片的に見せられてる感じだけど、しっかりクライマックスへの伏線になっていて、これらの要素が一つでも違っていたら甚大な被害が出てたと考えるとめちゃくちゃ感動的。
>|