15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

Taka24

Taka24の感想・評価

3.8
前置きで随分と(というかほとんど)長いですが、実際の人物を起用していることにリアリティがあって最後は感動しました。
90分ほどの映画なので、寝る前にサクッと観ようと鑑賞。

クリント・イーストウッド監督の実際にあった電車テロの話…しか情報を持たずに観てると、一体何の話なの?と70分は過ぎたあたりで不安になったが、ラスト10数分でやっとテロ現場へ。

観終わって、本人主演の映画と気付き、
「へー、すごい。」
と思いました。それくらい。
時間軸が混乱した
友達がおもろいって言ってみたけど全然面白くなかった。途中まで一切盛り上がりを見せず1時間ぐらいずっと自己紹介やった。もっと惹きつけるようななにかが欲しい、途中なんか電車のシーンとか挟んでたけど2.3秒すぎて全部惹かれへんかった。ただこの映画はこーいう3人がいたんですよ、忘れないでくださいっていうことだけやと思う。最後のスピーチだけでいいような感じした。すごいのは本人出演ってとこぐらい。
見終わってからキャストが本人だと気付いて大ビックリした。
偶然と言えばそれまでだけど、こういうなるべくしてなったというか、お導きを信じたくなるような話は好きだ。
とし

としの感想・評価

3.5
やっぱ人間なにか意味があって生かされてるのかね
本人主演の映画っていうだけでものすごく気になっていた作品。血が出るシーンは見てられなかった😱
ANO

ANOの感想・評価

4.0
人生においての経験。積み重ねがあったからできた結末。この世界に生きてる人たちすべて、紡いでる人生には本人が気づいてない意識してないように選択してることも経験があるからしてる選択であったりしててその後があって、理由があるんだよってことをうつしだしてるなーて思った。毎日大事に生きないとなー
あと痛い!描写の描き方がすごーいストイック。そこにこだわることで映画の奥深さがさらに増してるんじゃないかなーでした。
Masahito

Masahitoの感想・評価

3.2
本人が映画に出演してるってのがイーストウッドらしい。

周りに突き動かされてアムステルダムからパリに向かうことになったわけで、巡り合わせって大きいなと改めて。
たまたまイエスマン観た後だから尚更決断次第で自分だけじゃなくて周りにも影響が。

電車内での戦闘シーンはそこまで迫力あるわけじゃないけど、緊迫感は群を抜いて凄かった!

テロリストに立ち向かう勇気も凄いけど、バックボーンがあってこそだね。
>|