15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

2015年、パリ行きの列車内で起きたテロ事件で、犯人に立ち向かった3人の若者を描いた実録ドラマ。

性善説。

クリント・イーストウッド監督が、実際に犯人と対峙した若者たちを本人役で起用した作品。
彼らの生い立ちから始まる物語は、テロ事件の真相を描いたというより、彼らの伝記物語のような、再現ドラマのような、ドキュメンタリーのような、ジャンルの分からない不思議な映画でした。

彼らの正義に対する意識の芽生えや価値観を描いていたのは、後の事件のシーンでこれまでのテロ再現映画とは見え方が変わって良かったけど、個人的には旅行シーンが長過ぎな気がした。
もうちょい事件のパートをしっかり描いてくれてたら良かったなと思います。

“主よ わたしを平和の道具にしてください”

稀にいる性善説を地でいく人間。彼らの善が本物なのは、そのための訓練と努力をしていたから。
落ちこぼれが英雄になっていくのはとても映画的だけと、世の中捨てたものじゃないなとやっぱり思えます。

犯人の縛られ方はちょっと笑えてしまった。
Kentauro

Kentauroの感想・評価

3.7
犯人なにしてん笑
回想シーンメインの予想外の構成だったけど、面白かった
hartica

harticaの感想・評価

3.8
最後の一瞬の攻防にクライマックスを持ってくるようによく作られている。
内容が薄い分頑張って1時間半に伸ばしたって感じ
普通にいい話
想像していた物語ではなかったけど
感動する素晴らしい映画だった。
もっとスコア高くてもいいような
だけど、信仰が絡むとイマイチピンとこないとこも出てくるような。

自分も努力しようと思うような映画
KI1989

KI1989の感想・評価

4.0
自分の信念に従い、勇気を持って行動することの大切さを再確認。
みと

みとの感想・評価

3.0
本人達の行動は素晴らしいけど、ドラマ部分の訴えが弱かった。
Danny

Dannyの感想・評価

3.4
普通の旅行中に突如起きた電車ジャックに巻き込まれる恐怖。

実際に体験した3人がそのままキャストとして起用されてるのですが撮影中はどんな気持ちだったかとても興味深い。

ちょっとアメリカ人はヒーローだぜ感があるように思えたけどこれは仕方ない
ma

maの感想・評価

3.9
この映画、実際の事件の3人が自分役を演じているらしい。
知らずに見たけど圧巻!演技も自然だし、本人だと聞いて本当にびっくり。
もう1つ驚いたのが、電車のシーンが15分くらいしかない笑
途中から事件の話だと忘れてみてたけど普通にヨーロッパを旅行する様子も面白い笑
こういうヒーロー物語すごい好き!鳥肌、感動もの
>|