15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

ひとみ

ひとみの感想・評価

3.0
実話な上に演じているのもその本人…!!
演技上手すぎぃぃ!!
3人の幼少期〜大人になるまでのストーリーが長いけど、様々な経験をして今の勇敢な3人がいるんだよね。
旅行シーンがとても楽しそうでヨーロッパ旅行に行きたくなる映画でもある…笑
kkkjjj

kkkjjjの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

アメリカ兵がフランスで起きた電車テロを止めました、素晴らしいよね
って。
イーストウッドさん作品は好きやけど、これは自分としてはイマイチかなぁ
さゆ

さゆの感想・評価

3.2
素晴らしい勇気と行動力を持った若者の実話。
最後の場面、心に訴えかけてくるモノはあったものの、終盤に至るまでがやや長く退屈。

ヨーロッパの観光スポットをいろいろ見られたのはよかった。

このレビューはネタバレを含みます

事件までの3人の軌跡を辿った映画。
死と直面する時というのはほんの一瞬であるという事と、英雄の誕生を才能とせずその努力をまるで生まれ持った使命のように描いているところに好感が持てた。
イーストウッドのヒーローを描く映画は多いが本物の英雄を描く映画は少ないと発言している事と最終的に本人をキャスティングしているところがさすがの映画監督だと思った。また主演の三人だけだと思っていたら夫婦も本人ということで実はあの夫婦が今作のベストアクトなのではと思った。

この三人それぞれ性格が異なっていてインタビューでも言っていたように本来なら仲良くならないであろう三人が一度バラバラになっても大人になりまだ関係が続いているのは同じ善良で勇敢な心の共通点がある事と共に作中でもあった目的に導かれた三人のようで一瞬ゾッとする。
私はキリスト教ではないけれど運命の存在について考えさせられる作品だった。
や

やの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

淡々と、自然体で、とても好感。
もっと大げさかと思ってた、事件にフォーカスを当てたような。
もっと長くテロのシーンがあるかと思ってたからそれにはビックリだけど。

彼らそれぞれのバックボーンが無ければ、あの瞬間にあんな風には動けなかった。
全て積み重ねの結果であって、単純なものではなかった。彼らの人生にどれだけの人が救われたろう。
それは彼らの家族もそうだ。信じて育ててきた自分の息子を誇らしく思う表情がたまらなかったです。
人間らしくていい映画。正義が大げさじゃなくていい映画。
or

orの感想・評価

3.4
その瞬間 が、短過ぎて驚いた。
ノンフィクションという事もあり、そこに至るまでが長くて、平和で普通で、そうゆう生活の一部にこの様な事が起こる可能性がある、と思うととてもリアルで怖い。
その瞬間に動けるかどうかは、割と小さい頃からの思考回路もあるんじゃないか、と思ってしまった。
行動すべきという事が強く心に残った。少し問題はあるけど普通の少年たちが出会い、それぞれに苦悩したりして大人になっていく過程が概ね。そこから偶然乗った旅行先での列車の中で起こった非日常が飛び込んでくるので、とても緊迫感があった。日常が急にひっくり返される恐ろしさが生々しくリアルだった。
Rinko

Rinkoの感想・評価

3.0


ー その時、3人の若者が乗ったのは
運命の列車だった ー

無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役に、プロの俳優ではなく本人たちを主演に起用して描いた作品


上映時間 96分間


テロそのもののシーンはとても短いっ!
(ラスト15分位かな…)
大半は当事者3人の生い立ちやヨーロッパ旅行の様子。若干なかだるみしちゃうのですが…


この中だるみが日常から非日常へ転換する効果が出ていて、誰でも起こりうる事(テロ)なんだと痛感させられます!!


自分があの場にいたら何が出来るかな…
考えさせられた作品でした
がんつ

がんつの感想・評価

4.5
本作が大好きで、前回は映画館マジックかな?って思ってたのですが...
改めて観ても良い!🔥
是非オススメしたいです!

内容は、3人の男が15時17分発パリ行きの列車内で発生したテロに立ち向かうというもの。

監督はクリント・イーストウッド!で、主要キャストは、実際にテロに遭った人たち!
...っていう奇抜な映画。笑
でも私が本作を好きな理由は、その奇抜さじゃないんです!

使命感に突き動かされる感覚。「人事を尽くして、天命を待つ」を表したような物語が心を揺さぶります🤗

イーストウッドが本作のインタビューにて
「ヒーロー映画は多い。しかし、実際の英雄を映した映画は少ない」
と言っていて、まさに本作の3人は“普通の人”から英雄になった人たちであり、それ故にこれ程に感動させられるのかもしれません😌
>|