15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

yochinoir

yochinoirの感想・評価

3.7
アムステルダム発パリ行きの列車の中で実際に起きたテロ事件(タリス銃乱射事件)のお話。

だけど、その事件のハラハラ感が主軸の話じゃなかった。

落ちこぼれのレッテルを貼られて校長室に何度も呼ばれる幼なじみ3人。
シングルマザーの家庭で母親も何度も学校に呼ばれるような、サバゲーに夢中な少年たち。
家庭の事情で3人はばらばらになり、学校を卒業してからも軍隊の中で落ちこぼれたり。本当に特別じゃない、ごく普通の、むしろ少し不安漂う3人。

この映画では幼少期や成長過程で3人での旅行のシーンがおおく、事件の話がメインかとおもっているとたぶん拍子抜けするような気がするけど、その多すぎる伏線が、最後の感動につながる。

3人が表彰されるシーンでは涙が止まらなかった。ほとんど出演はないけど、落ちこぼれてる子供を愛情たっぷりに育てた母親の気持ちになってしまった。

そしてフランス大統領の演説。
危機に瀕したときは誰もが行動すべきなのだ。
あなた方は命をかけて自由を守りきりました。
勲章の授与無くして帰国して欲しくなかった。

誰にでも起こりうる危機。
そのとき自分はどう行動するのか。
そのときの英雄は決して、学校の成績や家庭の状況や仕事に対する信念や、そういうものに優れていることが生まれるのではなく、勇気と行動力、そして人に対する愛情によるものなんだな。

表彰シーンからラストは号泣でした。
事件時の映像を途中途中にはさむから、その時を迎えるまでのなんでもないやり取りの中にスリルが生まれてた
Waaaji0ktm

Waaaji0ktmの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラスト20分を描くためにそれまでの70分間を丁寧に、リアルに描き出すリアリティ(ドキュメンタリー)映画

前情報0で見たので、ラストで衝撃でした
見る予定の人はまじでネタバレ見ないことをおすすめします
パリへと進む列車の現在と、主人公3人の過去が交錯しながら進む展開は、余計な説明がなく(むしろ丁寧すぎてこのシーンいる??ってなるくらい)わかりやすい構成になっている

たぶん 演出が〜、脚本が〜、テロと戦うアクションシーンが〜ってところを期待して見た人にとっては物足りない作品かもしれない
ただ、いちイーストウッドファンとしては、彼の年齢、キャリアをもってしてもまだ新しいことに挑戦する気概と、犯罪もヒーローも常に日常と隣り合わせあることで いつ自分がその当事者になるか そのメッセージを一番リアルに表現できる方法は何か?と模索する探究心に心打たれました

『アメリカン・スナイパー』や『ハドソン川の奇跡』、最近だと『運び屋』のように、いずれも実在の人物をしっかりと映画の中で描ききることで、その個性をエンタメとして表現する術も素晴らしいけど、本作のように余計な演出は入れず、むしろ現実を限りなく忠実に再現することで映画の外(見終わった後)にちゃんとメッセージが伝わる作品を残せることも本当に彼の魅力的だと感じた

「映画」としての評価が分かれる作品だと思うけど、私は創り手の息遣いや想いが感じられて大好きな作品になりました
k

kの感想・評価

4.0
実際の事件に関わった本人を採用するという壮大な本人再現VTR

プロの演技と比べると流石にだが、観ていて不快感はない

途中まではワイワイ楽しいヨーロッパ旅行記でなんの映画か忘れてしまいそう。
本人がそのまま演じているせいも相まって妙なリアリティがあり、何だかんだウルっときてしまった。
ぽちこ

ぽちこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

本人たち主演なのは意外やった。
ただ、なんやろ、事件起こるまでのエピソードが思ってた以上に長かった。
シモヌ

シモヌの感想・評価

3.0
設定とかは斬新で良かったんだけどラストまでがちょっと退屈過ぎたかな。クリントイーストウッド童貞捨てたのがこの映画で良かったのかと少し後悔。
kome

komeの感想・評価

3.5
あれ、この映画もう直ぐ終わるけど、どうなるの?と思うくらい、とある3人の話って感じだった。普通の3人。

脚色なし。事件の英雄になった3人の、それまでの人生。脚色なしで、事件までドラマもなくってなると、退屈になりそうだけどそんなことなく。監督の力量…?なのだろうか。わからんけど
本人が主演ってすごいな!
ザン

ザンの感想・評価

4.1
ええっ、いろいろとすごい作品だな。内容もキャストも。幼少期の問題児時代も町の英雄となって、痛快に世の中を見返したことになる。服薬をすすめる女教師は問題ありだが、母親たちの理解がありがたい。
わい

わいの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

まさかの役者、実際の元ネタ(?)の方達だとは、すげえよくそれで行こうと思ったな
so

soの感想・評価

3.0
「こんな筋肉バカ軍人の中にも、本気で人を救おうと戦う若者はいるんだぞ。人間まだ捨てたもんじゃない!」

イーストウッドがそう言っているようだ。
>|