15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

最後の実際の映像見て、俳優めっちゃ似てるって思ったら本人だったんか
aya

ayaの感想・評価

3.8
本人出演最強
パリから帰って来る途中に見たけど、
本当に運命だな
ともは

ともはの感想・評価

2.8
進み遅い、ハラハラドキドキしたかったけど全くしない
kazu

kazuの感想・評価

3.5
役者って大事だね!
オンチ

オンチの感想・評価

3.9
ただただカッコいい。
男なら彼らのようにならなくてはいけない。
事件時の映像を途中途中にはさむから、その時を迎えるまでのなんでもないやり取りの中にスリルが生まれてた
Waaaji0ktm

Waaaji0ktmの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラスト20分を描くためにそれまでの70分間を丁寧に、リアルに描き出すリアリティ(ドキュメンタリー)映画

前情報0で見たので、ラストで衝撃でした
見る予定の人はまじでネタバレ見ないことをおすすめします
パリへと進む列車の現在と、主人公3人の過去が交錯しながら進む展開は、余計な説明がなく(むしろ丁寧すぎてこのシーンいる??ってなるくらい)わかりやすい構成になっている

たぶん 演出が〜、脚本が〜、テロと戦うアクションシーンが〜ってところを期待して見た人にとっては物足りない作品かもしれない
ただ、いちイーストウッドファンとしては、彼の年齢、キャリアをもってしてもまだ新しいことに挑戦する気概と、犯罪もヒーローも常に日常と隣り合わせあることで いつ自分がその当事者になるか そのメッセージを一番リアルに表現できる方法は何か?と模索する探究心に心打たれました

『アメリカン・スナイパー』や『ハドソン川の奇跡』、最近だと『運び屋』のように、いずれも実在の人物をしっかりと映画の中で描ききることで、その個性をエンタメとして表現する術も素晴らしいけど、本作のように余計な演出は入れず、むしろ現実を限りなく忠実に再現することで映画の外(見終わった後)にちゃんとメッセージが伝わる作品を残せることも本当に彼の魅力的だと感じた

「映画」としての評価が分かれる作品だと思うけど、私は創り手の息遣いや想いが感じられて大好きな作品になりました
k

kの感想・評価

4.0
実際の事件に関わった本人を採用するという壮大な本人再現VTR

プロの演技と比べると流石にだが、観ていて不快感はない

途中まではワイワイ楽しいヨーロッパ旅行記でなんの映画か忘れてしまいそう。
本人がそのまま演じているせいも相まって妙なリアリティがあり、何だかんだウルっときてしまった。
ぽちこ

ぽちこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

本人たち主演なのは意外やった。
ただ、なんやろ、事件起こるまでのエピソードが思ってた以上に長かった。
シモヌ

シモヌの感想・評価

3.0
設定とかは斬新で良かったんだけどラストまでがちょっと退屈過ぎたかな。クリントイーストウッド童貞捨てたのがこの映画で良かったのかと少し後悔。
>|