15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

そうでもなかったかなぁ
まず題名に引き込まれるし、素晴らしい実話やし、何より主役3人が本人!!!!!!!!!
そんなのアリ?!?!?!
本場アメリカでは演技が棒だと酷評だったらしいですが、英語ペラペラじゃない限りは、普通に演技うますぎて、俳優さんだと思ってました、レベル。
初めてこんな映画見たわ!!!
評価3.8にとどまったのは、前半60分間延び感、、、実話は素晴らしいのだが、限られた時間の中で山場を作って最後締める!っていう映画では、構成がイマイチだったなと思う。
最後30分がなかったら、うーんってなってたかも。
でもこういう類の映画は初めてだったから観てよかった!
おすすめです!
たなり

たなりの感想・評価

4.1
実話に基づいてるから正直、劇的なストーリー性とかって無いけど、それがまた非日常で起こる出来事じゃなくて、普段の生活の中で起こってしまいそうなことを予感をさせる。
3人が別々になっても、どこかで会おうと思えば会えるってゆうような小さいけど深い友情も見れたし、これほど「勇気」ってゆう言葉がかっこよくて正義に思えることはないね。
アメリカ人、イギリス人、フランス人、国境は関係無しにつくりあげた絆。
あの強さを身につけたいと思いました、肉体的にというより、心の面での立ち向かって行く姿。
しょこ

しょこの感想・評価

4.0
本人演技上手すぎんか?
いち

いちの感想・評価

4.0
1番すごいのは撃たれた人の奥さんの演技!
自衛隊かっこいい。
Arata

Arataの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

やられた~。キャストが本人という予備知識なく見たので、ラストの勲章受賞シーンでまず違和感、最後に本人ご登場というお約束なくエンディングでまた混乱。見終わってから事実を知って、思わず唸った。
特に過剰な盛り上げもなく、淡々と進むストーリー。巨匠は単純にリアルな若者の勇気をただただ純粋に賞賛して後世に残したかったんだろうなあ~。
ando8810

ando8810の感想・評価

3.6
列車のシーンは後半で、途中まではずっと3人の生い立ちが描かれている。
見終わった後に、本人達が演技していたと知ってビックリ。
人を助けたいという気持ちを常に持ってる人が、いざという時勇敢な行動を取れるのだなと思った。
yaaa

yaaaの感想・評価

4.0
元の脚本のまま主役3人がイケメン俳優で製作されてたらそんなにおもしろくもないと思うし、脚本変えて色んな視点とか、もりに盛り上げる演出なんかでも違和感感じるだろうし。
当事者本人に配役するという謎のキャスティングのおかげで色んな意味が付随してこんなのもアリかと思わせるところが凄い。
このようなことやる事自体が失敗とか過ちでなく「神の戯れ」みたいに感じさせてくれるのはクリント・イーストウッドしかない。
ちまちまマーケットの意向に沿ってとか、ヒットする作劇に重点おくとか「どうでもええんじゃい!」みたいな凄みも感じる。
なぜかその勇気ある行動を称えるよりも不思議とほんわかする。
>|