15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価・動画配信

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.7
かなり良かった
ちょ

ちょの感想・評価

3.5
キャスティングについての映像も見たから本人使ってるのがハマってる気がした。個人的に事実が知りたくて派手さを求めてなかったから良かったし実話映画は知識がつくからいい
さすがイーストウッド、90分におさめる
そしてその中に色々つまってる
サラッとしてるとか言う人いるけど、全然そんなことないと思う

私は好きだったな。
人生ってすごく小さな選択の積み重ねで、どれか一つでも違ったら、今いる場所に立ってない、、そのことをすごく細かく描いてると思った。
運命とか、そういう類のことをすごく信じているタイプだから、おおおおって思いながら見てしまった

あとやっぱり、夢とか目標って比例グラフの先にあることなんて絶対になくて、インパルスのグラフみたいにいきなりボコって出たところにあるんだよね、、
来るかもわからないチャンスを待ちながら、へこたれずに努力して、
チャンスが来た瞬間に、すぐに飛び乗るって、、
それができる人はやっぱすごいんだなぁ。
そうなりたい。
うーむ… そこそこ評判が良い映画。しかも、個人的に大好きな監督、クリントイーストウッドの作品。期待値は俄然大きくなる!

しかし、何故かイマイチ…

実話をもとに、リアリティを重視した作品であることは分かる。
ヒーロイズムに適したストーリーであることも確か。

しかしながら、前半部分がタル過ぎて…
しかも、この前半部分が一気に生きるならまだしも、それもない。

はっきり言って、最終盤しか見応えないし、それも一言、あーそーですか?くらいの印象。

私に感受性が足りないのか?
kyosuke

kyosukeの感想・評価

4.1
映像体験としてすごかった。
見た直後の感覚としては、少し頭が混乱していた。これは何を伝えたかったのか?ただの教訓映画や記録映画ではないことはわかる。しかしこのドギマギするような映像と最後のシーンはなんだ?と。
正直あとから調べて、当事者をキャスティングした映画なのだと知った。それで妙に納得した。演じるということは、カメラの前では自然に強制される。”自分になる”という行為が演じるということの本質なのかもしれないな、と思った。イーストウッドの映画もっと見なきゃ。
クリントイーストウッド監督映画にしては‥。
話題も事件の本人が出ていることが中心で内容的に少し薄いような。
批判的なことばかり書いたけど、主役3人の子ども時代の話から最後まで飽きずに見られるのはさすが!
Bradypus

Bradypusの感想・評価

3.5
ふむ、実話を本人で再現したフィクション。。。ん?
って意味の二度見映画。
Ramu

Ramuの感想・評価

3.4

自分の勝手な想像なんだけど
ポスターからして少しサスペンス要素あるのかなって思ってたけど

普通に事件が起きて
主人公3人がそれを止めるというお話で。

その事件が起こるまで
3人の人間性を幼い頃から写したり
特に内容もなく?とんとん進み

事件が起きてから一瞬だし
犯人の真相についても書かれてないから
何が何だかさっぱり。

当事者が出てるっていうのはすごいな
と思った。
>|