15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価・動画配信

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

三人の若者がアムステルダムからパリ行きの列車で、銃乱射事件が。過去の話から始まり、進展が無いと思っていた頃に、ジェットコースターのように進みエンディングへ。世界が平和になりますよにと思う作品
Ramu

Ramuの感想・評価

3.4

自分の勝手な想像なんだけど
ポスターからして少しサスペンス要素あるのかなって思ってたけど

普通に事件が起きて
主人公3人がそれを止めるというお話で。

その事件が起こるまで
3人の人間性を幼い頃から写したり
特に内容もなく?とんとん進み

事件が起きてから一瞬だし
犯人の真相についても書かれてないから
何が何だかさっぱり。

当事者が出てるっていうのはすごいな
と思った。
実話。登場人物も本物。前半が長いのでやや迫力にかけてしまったのが残念。
イーストウッドの映画はとても分かりやすくシンプルだ。
この映画は実際の事件の当事者が演じているらしい。
とてもアメリカ的だが映画としてはすこし物足りなかった。
Kathleen

Kathleenの感想・評価

4.4
大胆にも当事者を起用した実話ベースの映画。
校長室の常連だった幼馴染み3人が、運命に導かれるようにヒーローになる。
大虐殺を防いだ3人の人生と勇敢さに感動した。
吹き替えは残念。
オールタイムベスト2位

「何かに導かれている気がしないか」というメタ台詞があるように、物語のキャラクターとは決められた結果へと進んでいく存在であるわけです。イーストウッドはそれを通して、人が選択し行動していく過程には大きな価値がある、と伝えたかったのではないかと私は考えました。
 例えばマクガフィンという手法は、観客にその瞬間のアクションに集中させるための手法であると同時に、個人的には結果よりも過程に意味があるという哲学を含んでいると考えています。なにより映画の一番の特徴とは、写真や絵と違い映っているものが動くというところなのです。映画が語ってきたことは選択と行動、つまりアクションだったのではないでしょうか。
目的に向かって決まったレールを進んでいく列車という舞台装置や、度々出てくるキリスト教、特に運命説についての言及。私にはイーストウッドが「結果と過程」や「選択と行動」といった映画の本質にこの作品で迫ろうとしていた、としか思えないのです。
 「グラントリノ」まで自らのヒーロー性とその罪に向き合ってきた彼は、10年代以降は市井の人々の正義について描いてきました。
 この映画が作られた2018年、janelle monaeの「dirty computer」、デルトロの「シェイプオブウォーター」、cardi B「invation of privacy」があった年。つまりポップカルチャーが市井の人々の欲望を称揚し、消費者側の大衆による選択と行動が世界を大きく動かし始めた年。そしてそれは2010年代という変革のディケイドの集積だったわけです。
 この10年間、市井の人々を描いてたイーストウッドは、そうした時代に呼応していたように思えます。そしてその中でも今作は最も普通の人を描いていました。それも本人に演技をさせてまで写実的にこの時代を捉えようとした、何かがただそこに「ある」、カメラはただ映せばいい。そうとでもいうようなタッチで、選択と行動が語られています。
 始まって終わるまでの過程の中で、何かに導かれるように、正義のアクションを進めていく人々をカメラがただ映している。それだけのことがたまらなく感動的なのです。
kanchang

kanchangの感想・評価

5.0
観てる時はなんかピンとこなかったけど、後で解説レビューを知って唖然。
そんな凄い映画なんだぜ!とツレに自慢したら、一緒に観に行ったでしょ?と怒られたのは、つい最近の出来事。
o3o

o3oの感想・評価

3.7
トレイラーと内容がずっと違うから
「あれ、、?」って思ってたけど
さすがクリント作品

3人の関係性とそれぞれのキャラクターを丁寧に魅せた実話
かく

かくの感想・評価

3.0
全くなにも知らない状態で観る映画の楽しみを知った映画。
未だの人は調べずに観てくれ。史上かつてなくありのままの映画なんだぜ。
>|