15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

Shogo

Shogoの感想・評価

4.5
途中の旅行中の他愛ない会話と、テロリストとファイトしている時のリアルさが、すごい。
evey

eveyの感想・評価

4.0
2015年のタリス銃乱射事件について、実際に事件を体験した人々を起用し描いた作品。
クリントイーストウッド監督の着眼点と決断力、熱心さによって、ありのままの姿に近く映像化されている。事件を忠実に再現する反面、再経験するという辛さもあったと思うが、それぞれの勇敢さに感服。ぜひ、原作も読んでみたい。人生とは自分で切り開くものでもあるが、時には何かの運命に動かされていることもあるのかもしれない、そう感じた。
DVDの特典映像はみるべし。
Chizuru298

Chizuru298の感想・評価

4.3
クリントイーストウッド監督作品はどれも素晴らしいと思っていて、本作も期待はしていた。けど…思い描いていたものとは全然違った!!!良い意味で裏切られた。
こんな形で映画って撮れるんだって思った。一見の価値あり。
ちょっとハードル上げすぎてた!
本人が本人役を演じるというところがこの映画のすごさの全てだと思う。
よもぎ

よもぎの感想・評価

5.0
クリントさんやったんか!
本人達をつかうあたりがイーストウッドさんらしいな!

英雄たちのための映画です
koichi

koichiの感想・評価

3.8
カルフォルニアの仲良し3人組。
彼らが大人になり、人生に一度の旅行とヨーロッパへ行く。
アムステルダムからパリへ向かう列車でテロリストと遭遇。
勇気を持って立ち向かい制圧し、銃で撃たれた人の応急処置をする。
彼らはそれぞれ偉大な勲章を得て地元のヒーローになる。

主人公やその仲間は至ってふつうの人だった。
むしろ少年時代は悪ガキというレッテルを貼られ教師から煙たがれる存在だった。

主人公は努力もしたことなくなにかを達成したこともなかったが、人を救いたいという気持ちから奮起し、軍隊に入隊する。
しかし、自分の望んでた部隊に入れず一年の努力はなんだったんだと挫折を味わう。
かれは部隊の中でも落ちこぼれ組になったがそこで腐らず努力をし続けた。

彼の祈りが印象的だった。
平和の道具になれるようにとは素晴らしい精神だと思った。
クリスチャンの精神。
努力は時に自分が思っても見なかったところに繋がり活きてくる。
自分も努力しようと思った。
主人公が身近に感じることができたからこそ希望や勇気を強くかんじることができた。

誰にでもヒーローになれる。
努力と行動で。
そんなことを教えてくれた。
hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

1.1
なんじゃこれってかんじの映画。ただこのテロ事件を救った三人の手柄を映画化した映画で、意外とあっけなく終わって映画にする意味はなかったでしょ 😂
akiiiho

akiiihoの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

本人が出演しているとのことで、他のどの映画よりもリアルな内容

普通に観光をしていて
普通にパリに行こうとしていた
テロとは、普通の生活にいきなり入り込んできます。

最後の、犯人は300発もの銃弾を持っていたという言葉には驚きました。
銃を奪われた時の1発しか使わなかったのかな?

彼らが偶然あの場所にいて本当に良かったと心から思いました。。
思ったよりドキュメンタリーだったが、それがいい。楽しく過ごす日常にふと入り込むテロというバランスが、日常と地続きの非日常を思わせ、唐突な恐ろしさとの遭遇を際立たせている。そこで行動できる彼らの勇気は心震える。自分は行動できたか。そう考えると身体が震える。
KoTaNi

KoTaNiの感想・評価

3.9
主役の3人、いち早く異変を感じ犯人から拳銃を奪った男性、その男性の治療に力を貸す人達の行動力に心揺さぶられました。

偶然ではなく、これは必然だったのではないかと思います。