15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価 - 254ページ目

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

テロの映画としか情報を入れずに見たのでびっくり。ヒューマンドラマだった!しかも本人を役に起用してるとこもよかったし映画の中にリアルがあった。若者たちが15時17分の電車にもし乗らなかったら、車両を移動していなかったらどうなっていたのかと思うとゾッとした。でもきっと電車に乗る運命だったんだと思った。銃を持った人に立ち向かうにはやっぱり訓練を積んだからこそだと思うけど、テロだけではなくて困難な状況で勇気を持って動くことができるのかと考えさせられた。特別じゃなくたって誰かの役に立てることはあるね。若い人達にもたくさん見て欲しい映画。
り

りの感想・評価

4.0
アメリカンスナイパーよりハドソン川より好きだな。示唆的なセリフの一つ一つも良かったし、「Go spencer」にそれまでが集約されるのも良かった。
記録

記録の感想・評価

4.0
3人の幼少期をじっくりと描いてるからこそ「人生は目的によって導かれている」ということがリアリティと説得力を持って語られていて、とても人間ドラマ。15時17分の列車に乗ったとして、最初座ったとこから1号車に移動してなかったら ゴー!スペンサー!とならなかったかもしれないし、人生は なるべくしてなる出来事の積み重ね。最後の方で本人が演じてると知りびっくりした!実際の映像のシーンすごく不思議な感覚になって感動した。
電車内でテロ事件に遭った本人3人を主演にして映画を作っちゃったイーストウッド監督には本当に脱帽。

割と長い前フリから入るので、少し退屈な時間もありますがラスト20分は最高です。

これから映画館で見る人、エンドロールですぐ帰ったら勿体無いよ!いいシーン最後にあるからね!

小学生のスペンサーの部屋に『フルメタルジャケット』と『硫黄島からの手紙』の映画ポスターがあるのは遊び心か?
ラストに実際の映像が出てきてそれまでの俳優と比べてしまうというドキュメンタリーあるあるを逆手に取ったような作品で新鮮だった。というか、3人とも演技うますぎ、特にスペンサー!
せぶみ

せぶみの感想・評価

4.0
自然過ぎてほんとに素人?!ってなった笑
素直にカッコよかった。
本人が出てると聞いて観たけど本当に素人かという出来だった

さすがクリントイーストウッド

実話!

驚き!

面白い!
eureka

eurekaの感想・評価

3.9
クリント・イーストウッドのカットの切り替え方、シンプルさほんまに好き〜〜個人的にヨーロッパ大好きやから色んな景色楽しめたし皆超クールだった!ただ民間最高位とは何ぞや...
Shunpoi

Shunpoiの感想・評価

3.6
ノンフィクションなので、色話を盛り込んで盛り上げようとかは出来ない。でもこの作品は盛り込まないことによって面白くなった気がする。
特に犯人側の話が無かったことはテンポとしていい感じになった。
ラストのフランス大統領のスピーチは感動した。仏大統領のスピーチって題名でもいいと思った
ぽん

ぽんの感想・評価

4.0

初めから終わりまで余分な部分が
一つもなくて、全てが繋がっていた。
事件が起こった数時間のなかに
この3人が今まで生きてきて得た
知識や経験が詰め込まれてて
この電車に乗る運命というか、
何かに導かれていたのかなぁと感じた。
人を救うのは行動する人だと思った。

15本目 映画館