15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

arajin

arajinの感想・評価

2.0
ドキュメンタリーでは無いので、もう少し脚色して、映画として面白くして欲しい
実話を当事者が演じるという斬新な作品。
勇気ある行動は尊敬できるし、自分にはできない。

演技力は思ってたよりは気にならなかった。
クリント・イーストウッドが好きだからか期待しすぎたかな。
oym

oymの感想・評価

2.2
ニュースを見てるみたいで疲れた、、
ただ、ほんとにすごい人たちだってことは分かった
T

Tの感想・評価

3.2
映画館で観たのに印象薄くて忘れていた。美しいところだけを描いているではあろうが、3人の紳士の人生を追体験するからこそ、分かり切っているラストへのカタルシスが徐々に高まっていく。欲を言えば、前半にも“予兆”が欲しかったかも知れない。人生これから、どこかで“このために生きていたんだ”と思えるタイミングが自分に訪れるのであれば…。イーストウッドらしくシンプルかつ上品ににまとまっているが、出来としては佳作止まりか。
tuyo

tuyoの感想・評価

3.0
内容知らずにポスター
だけで想像したら
ぜんぜん違う
ほのぼの映画とは
Maria

Mariaの感想・評価

3.6
事実だなんてすごい考えさせられるし、衝撃的だった。

面白かったけど、思ってた内容と少し違って、タイトル変えた方がいい笑笑

実際の人物を役者としてピックアップして、やることが大胆ですごいなと思った
S

Sの感想・評価

2.5
本人役を演じるのって斬新。実はだからやはり、それなりのドラマのなさを感じてしまった。

あとどうしてもスラムドッグミリオネアのような偶然というか、まあ習う事なんだろうけど一致の仕方を感じた。
Elijah

Elijahの感想・評価

3.0
確かに観光映画だった。
その出来事までが長い。
なぜこれを商業映画として撮る必要性があったのか、ドキュメンタリー映画では駄目だったのだろうか…そんなことをぼんやり思いながらの着地点。
es

esの感想・評価

-
本人出演の再現VTRを映画にしてしまう新たなタイプの作品。企画が凄い。そして何よりもこの運命を信じてしまうような出来事が凄い。
どんな人間にでも物語がある、作中に出てきた言葉を映画として成立させている。
実話を元にした勇敢な青年たちの話、主演も実際の3人と言う事で良かったのですが、クリントイーストウッドらしくなかった気がします。
観光地をいろいろ見られたのは良かったです。