15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

DORATARO

DORATAROの感想・評価

4.0
「人生に導かれてるって思うことない?」
アムステルダム発パリ行きの列車でテロに遭遇し咄嗟の判断と勇気で犯行を防ぎ乗客を救った3人の若者。彼らの少年時代から事件までを無駄なく繋ぎ合わせることで、彼らがどんな選択をしどんな人生を歩んできたかを明らかにし、如何にしてその行動に至ったのか納得できる作りになっています。

またもイーストウッド監督は等身大の英雄を主人公に置いたわけですが、遂にはご本人らをキャスティング。87歳にもなってこんな実験的な映画を撮るっていうのは達人の境地ですね。

自分は運命を感じるのとは逆に必然的な結果を目の当たりにした気持ちになりました。過去の選択や経験の表れが今の自分なんだなって当たり前だけど思いました。
マツモ

マツモの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

飛行機の中で英語字幕で見てしまったので理解度が40%くらい(もう一度見なければ…)

当事者達による映画、ドラマ性とか無いのかなあとも思ってたけど主人公達の半生を描きながら、伏線張ってたりしてたのは結構感動したし本当に彼らはヒーローだった
Syk

Sykの感想・評価

3.5
実話というか当事者達が主演しているというなかなか珍しい作品。
吹き替え版だったのが、ちょっと残念。
147
演技経験のないその場に居合わせた本人が演じてるとあって、俳優の在り方的なのを問う映画でもある。それにしてもあんな行動とれませんわ、かっこいいやつら😭
fumi

fumiの感想・評価

4.4
日常パートと事件パートの対比や、日常パートに極力ドラマ性を持たせない演出はエレファントを連想した。序盤〜中盤はボンクラの半生を断片的に見せられてる感じだけど、しっかりクライマックスへの伏線になっていて、これらの要素が一つでも違っていたら甚大な被害が出てたと考えるとめちゃくちゃ感動的。
Chika

Chikaの感想・評価

3.7
思っていた作品とはいい意味で全く違った。こういうタイプだと思っていなかったので、途中はややダラダラした印象を持ったが、最後まで観て、すごく納得出来たし、事件だけを取り上げるよりも印象深いものになった。3人の勇気と運、そして絆がより映える。人生はどうなるかわからない。タイトルから想像がつかない作品なので、ぜひ手にとって欲しい。
ぼうる

ぼうるの感想・評価

3.3
日常と非日常が一瞬で交錯する感じ
主人公たちのキャストが本人ということにエンディングで初めて気づいた
せと

せとの感想・評価

4.0
個人的には、すごく良かった。キャスト3人は本人を使ってるとのことだったけど、不自然さはあまりなくて、むしろ素朴さというか、飾らなさが出たのが良かった気がする。列車でテロを阻止するシーンより、彼らがどう育って、どうその列車に乗り合わせるのかを描いたシーンが多分3-4倍多いんだけど、それにも別にそこまで違和感を感じるというより、ロードムービー的に楽しめたし、説教くさいという人がいるのはわかるが、人生の意味みたいのを問いかけるのは理解。まあ、監督どんだけ多くのこと成し遂げるねんというのはあるけど。。。
スペンサーくんの素朴さは特に好み。
81
よし

よしの感想・評価

3.8
評価が低めなのが非常に残念。
臨場感とか主人公達の背景に
グイッと入っていってしまいました。
やることがずるい笑
Run

Runの感想・評価

3.5

実話に基づく話を当事者本人達が演じるとは、、、

究極のリアリティ映画

凄いなー、、

まずこの3人が友達になってなかったらテロは防げてなかったわけで、3人の出逢いから始まりそれからの1つ1つの選択・行動でこの状況に辿り着いて、、

自分の何気ない行動だったり、1つ1つの選択がいかに重要なのかが改めてわかる

3人とも演技上手だったなー、リラックスできる状況を作り上げてこの映画を撮ったイーストウッド監督流石だなぁ