15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.7

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

3110133

3110133の感想・評価

4.2
当事者が当事者を演じる。これはArt-based researchの実践としても見てよいだろう。
ゆえに、この映画を物語映画としてみるべきではないように思う。
彼らはあれだけの体験をした後、再びその体験へ向かって再演をしている、そのドキュメンテーションである。

あの体験はどれだけ称賛されたとしても、決して癒えることのない傷であろう。それを再びフィクションとして再演してみること、この価値はArt-based researchの実践として考察されなければならない。
芸術が治療的に道具化することに賛同できないが、それでもこの自身の体験をフィクションとすることの意義は無視できない。
ザキ

ザキの感想・評価

3.5
正義感に満ち溢れてるとはこの事。
3人の仲の良さがいいなと思った!
holaemir

holaemirの感想・評価

4.3
こんな面白いと思わなかった。

学校でも軍隊でも、どちらかといえば落ちこぼれと言われる人たちがより大きな目的のために運命を全うするというような運命論。
私個人として、キリスト教の教義に必ずしも共鳴するわけではないが、くすぶった思いが達成されるべき時に達成する奇跡にただただ感動させられてしまった?
kznklnc

kznklncの感想・評価

2.8
2018年6月9日、日本でも似た事件が起き不幸にも犯人に立ち向かった男性がお亡くなりになりました。その勇気を称えるとともにお悔やみ申し上げます。
その後にこの映画を見て思ったのは、この映画でも三人がかりで一人に立ち向かっていったのでこういう場合は何人かで協力して立ち向かわないと余程そのような危機的状況には対応できないのだろうな、ということでした。
気のいい若者たちのヨーロッパ旅行を延々と流す事で平穏な日常は唐突に破られるという怖さが際立つ。クリント監督の優しい視点が好き。

2018/3/21 TOHOシネマズ秋田
sk2

sk2の感想・評価

4.0
アメリカ人もバイエルンミュンヘンのユニフォームを着る時代になったんだなー
miyuking

miyukingの感想・評価

3.8
思ったよりメインのシーンは短い。ヨーロッパ好きな人からしたら、中盤までは「行った行った~!」な会話ができる楽しさがあるかも。
その分、いわゆるメインのところが対照的。日常から急に、非日常。でも起きうる世の中。前半の彼の信念が、本当に行動として結果として出た。本当の話だから、もう勇敢で、誇りであるとしか言いようがない。
rqu

rquの感想・評価

4.0
映画の様な伏線回収も感動的なクライマックスも現実では起こり得ない。しかし歩んできた道のりの中で記してきた点と点がやがて線に結びついた時、映画以上のカタルシスが生まれる。
な

なの感想・評価

4.3
感動した。本当に勇気ある行動だった。
映画を通して見れば彼らは導かれるようにあの場にいることになったんだと思うけど、普通に旅を楽しんでいた彼ら自身はあの場に遭遇するなんて思ってもいなくて。あの電車に乗っていた人達が皆そうだと思う。だからこそ旅のシーンは日常でありテロが起こったことに対比して突き刺さる。
本当にいつ何が起こるか分からない。
でも彼らは咄嗟に行動する。本当にすごいことだと思った。
そして本当に本当に平和な世界になってほしいと思った。
日本で似たような事件が起きた後だったので、結末の違いに切なくなった。
勇気ある行動に栄誉を。