無影

人魚の眠る家の無影のレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.7
Filmarks様に試写会にご招待頂き、鑑賞しました。
本作は泣けたというより、考えさせられることの方が多かったです。
脳死した人を、脊髄に電波を送って動かす。そんな未知の技術を目の前にした人々の描写がリアルで、ゾクゾクしました。色々と伏線もあったりして、見終わった後の満足感が非常に高い作品でした。