ひとんぷぅ

人魚の眠る家のひとんぷぅのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.8
試写会で鑑賞しました。

我が子が「脳死」。関わる全ての人の感情が…痛くて悲しい。母親、お婆ちゃんとしての感情も良く分かる。若葉ちゃん、弟くんの悲しい叫び。号泣でした。
一途な想いは間違った方向にも動く、母親の感情が分かりすぎるから誰も止める事も出来ない…果たしてそれは間違ったコトだったのか。正解はない。何もかもが正しい。
正直、気持ちが上がる映画ではない。ただ篠原涼子さんの迫力ったらないです!すごいです!そのせいか「会社にお客さんが包丁ふりかざし乗り込んでくる」という変な夢を見てしまった。(; ̄ー ̄A

H30.011.07 鑑賞