ゆみみん

人魚の眠る家のゆみみんのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.6
試写会に当たり鑑賞。
脳死。あまりにも重いテーマで…考えさせられました。どこかに居そうな今時の家族の生活がどんどん変貌し、想像のつかない世界となり、不気味さも感じるほど。裕福だから出来ることだけど、科学の進歩によってこれからどんどん医学も変わるのでしょう。
ラストはとりあえずつじつまもあって良かったかな?
子役のレベルが高い。篠原涼子もすごい頑張ってる。松坂慶子さん朝ドラの雰囲気をどこか漂わせ、孫が出来た時には預かるのは慎重にしよう。と学びました。