tokumoridaisuki

人魚の眠る家のtokumoridaisukiのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
4.5
東野+松竹+堤と言えば「天空の蜂」。
東野伝わったのに映像系云々で△。
今作◎、このジャンルでなくっちゃ。
松竹さん、監督さん、渾身。

自身は東野ファン。
原作未読でも、
東野伝および各描写、演出お見事とみる。
不動娘ちゃんも◎。

是非多くの人に見てもらいたい。
大いに議論していい。
問題提起と捉えてもいいし。
こんなの有り得ねえ、もあってもいい。

理系要素と感情の導入、
更に論点の交差が巧みな東野作風。
ジレンマやトラウマの応酬。
ドラマティックな展開にもハマる。

人は、最後のお別れで一番涙する。
それはいつどこなのかだ。