わに

人魚の眠る家のわにのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.4
試写会にて。

宣伝での衝撃の結末が走るとか、泣けるとかはあんまり感じなくてただひたすら考えさせられる重い話だった。ちなみに私は全く泣けなかった。でも会場はすすり泣きの声が聞こえてきてたから泣いてる人は多かったのかも…たぶん母親とか主人公に共感する人には響くのかもしれない。

何をもって死とするのか…脳が死んだときなのか心臓が止まったときなのか、答えの出ない難しい問題を母親が壊れながら問いかけるシーンは切なかった。