ねるゃるも

人魚の眠る家のねるゃるものレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
4.0
プールで溺れてしまった娘は脳は動いていないが体は生きていて、ドナーとして臓器を提供するか否かで脳死か心臓死を選ぶ選択肢を母親は強いられます。
ドナーを提供しようとした時に、手がびくりと動き「娘はまだ生きている」と思った母親は延命治療を決断します。

付き合いで観に行ったので全然下調べもせず、期待もせず観に行きましたがとても好みでした。
徐々に徐々に可笑しくなる母親、それを取り巻く人々もそれが可笑しいと言えずだんだん歪んでいく様がとてもリアルで、そして、それを周囲の人間意外は知らずに全てが終わってしまうのがなんとも喪失感が強くラストは呆然としてしまいました。とても良い、考えさせられる映画でした。