あひる

人魚の眠る家のあひるのネタバレレビュー・内容・結末

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

脳死の女の子とその家族。一軒の家の中で静かに始まって静かに終わっていく物語。
誰も悪くないし正解もない、誰の目線に立っても辛い。映画館でたくさん泣きました。
脳死の人の家族へのケアについて考えさせられる映画でした。答えはなくても考えなくてはならない、考えれば考えるほど、答えは出せないのだと途方に暮れてしまいます。
あの家族がどこに消えたのか、今後どう過ごしていくのか、とても気になる終わり方でした。