sw

人魚の眠る家のswのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.6
授かった子供を自らの手で殺めてしまうような、なんともいたたまれない事件も起こってしまう現代においてものすごく考えさせられる作品でした。

篠原涼子演じる薫子がだんだんと狂い始めたかのような不穏な雰囲気に持ち込んで、そのままサスペンスないしホラーになりそうなところを、感動にもっていくあたりはさすがに東野圭吾様。