地獄少女ぶんぶん

人魚の眠る家の地獄少女ぶんぶんのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.6
人魚というより人形のように操られた○○でした。
怖いという一言で終わらせられるのか。
これは「命」について考えさせられる作品でした。
親と子。母と娘。そして生と死。
「脳死」というものについても色々考えさせられる内容でした。
ホラーとかサスペンスものとしての捉え方ならば韓国映画のホラーにも近い気はしました。
篠原涼子主演作は同時にレンタルされてましたが、全く別人のようでした。