たかれん

人魚の眠る家のたかれんのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.5
歪んだ愛と言うべきか、真っ直ぐすぎる愛と言うべきか。

たぶん観客は、父親に共感するだろう。狂っていく家族の中にうまれる、小さな違和感。それぞれが歪みに気付きながらも、家族を守るためにそれぞれが仮面を被る。

受け入れられない気持ちも分かるだけに、複雑な心境。
それでも、意識がないのに顔面神経を操るのは、超えてはいけない一線だよなぁ。