syo

人魚の眠る家のsyoのネタバレレビュー・内容・結末

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

すごい考えさせられる。どこまでが許されるのか。
誰の立場になっても辛い。だけどみんな「生きててほしい」と思うのは同じ。
装置で笑わせるのにはぞっとした。お母さんの狂気的な愛が怖くて。だけど親の愛なんだ。
病院の先生の、「誰かの心臓として生きてる」って言葉がすごいグッときた。それが冒頭の野球少年に繋がるんだね。
瑞穂の笑ってる映像が出る度に胸に来るものがあった。でも号泣するかなって思ってたけど泣かなかったな。
本当に考えさせられる内容だった…。