chikakko

人魚の眠る家のchikakkoのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.5
何をもって生きていると言えるのか。
何をもってその人の尊厳は守られていると言えるのか。ずっと考え続けられる問題。

不穏なんだけど美しいような旋律の音楽、特に雨のシーンがとても良かった。
篠原涼子の演技は、歪んだ、狂ったような描写を見せていたけど、そうは言えないなと最後まで見たら思った。
家がとにかく美しくて羨ましい。