あきら

人魚の眠る家のあきらのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.6
偏りの危険性を一番伝えたかったのだと感じた。脳死者の延命治療というテーマを用いて、伝えたいことを的確に伝えられていた。バランスが崩れれば誰のためであるとはいえ本来の目標とはズレていってしまう。その過程がわかりやすかった。ただ一つ悪い点を挙げるとすれば、延命治療に対する否定的な描写やデメリットの強調が気になった。この映画を見て、延命治療をしたいと思った人はいないだろうし、そう思わせるようにつくられたようにも考えられる。延命治療にもメリットはあって、一概に悪いということはできないといったことに触れられていればもっとよかったと思う。