as

人魚の眠る家のasのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.8
大号泣

頭ではわかってても心が追いつかない時に夢に出てきてくれることって本当にある。あった。

不慮の事故で娘が脳死状態になり、何年もの間あらゆる研究をして"生きさせて"いた。

本人も意識がないとはいえ苦しかったと思うし、お父さんが目を背けたくなってしまうのもわからんでもない。弟も辛かったよね。
お母さんは辛さのあまり気がおかしくなってしまったんだとばかり思っていた。なぜあんなに外に連れ出したがるのか?と。
なるほどね。そういうことだったのね。涙。