げしずか

人魚の眠る家のげしずかのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.8
大なり小なり思いがけなくある日突然悲劇はやって来る。

体は生きているが脳は死んでいる。この状態とてもじゃないけど死を受け止められない。
生きようする何かを感じる限りは精一杯生かしてあげたい。親ならそう思うのが大半の人がそうではないかと。

死を認めて前に進む。そう簡単なことではないけど、何処かで誰かのためになるのであれば、この誰かの命として生き続けてもらいたいとも思う。

東野圭吾さんの胸撃つ作品たまりません。
素敵な物語をありがとうございました。