nobsang

人魚の眠る家のnobsangのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
4.0
堤幸彦監督と知らずに観ました。よかったです。重い話で心にきますが、見せ方も自然ですしテンポに波もあり、あぁ映画を観たな、という満足感があります。
 
我が子の脳死という極限状態にあって、長い時間をかけて、親子というものが、家族というものがどうなっていくのかを、きちんとヒューマンドラマとしてエンタメにしています。
タイトルの「人魚の眠る家」ですが、あまり意味を深く考えず、演出のままにスマートに捉えると、まぁ東野圭吾っぽいタイトルだな、と言う納得感はありました。というか東野圭吾原作であることも知らずにこの映画を選んでました。

キャストが豪華というか「芯を食っている」という感じですね。篠原涼子さんと西島秀俊さんのハイソ感とか、脇を固める山口紗弥加さんや川栄奈々さん、チラッと出てくる志垣太郎さんや大倉孝二さんなど、すごくいい。