なつみかん

人魚の眠る家のなつみかんのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
4.3
 人は何をもって「死」といえるのか。娘が脳死となり、究極の選択を迫られる中、悩み苦しんでいく非常に重い話となってます。
まずこの映画は、涙を誘うただの感動映画ではありません。娘の死を受け入れられず狂気じみていく母親と、もう死んでいると認識している周囲の人との間に生まれている違和感や不気味さが、何とも言えない後味の悪さを残します。けれど、ただ感動できるだけのテーマじゃないからこそ醸し出せる雰囲気なのかなと思います。途中、見ていて怖かったです。
「脳死が人の死なのか」という問題は科学や医学、法律、倫理など様々な分野から考えても、答えは一概に決めつけてはならないと思います。綺麗事で片付けてもならない。そのことをこの映画で感じました。
また、ラストの空き地シーンが気になりました。考察を調べたところ、臓器を抜かれたあとをイメージしているとか。なるほど、、何とも言えない感じです、、。でも見て本当に良かったです!