八咫

人魚の眠る家の八咫のレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.0
ごめんなさい、私にはハマりませんでした。
ためになったことは
「脳死状態になっても、
脳死判定をしてから臓器提供ではなく
臓器提供の意思表示があると脳死になる
世界でも稀な考え方」
ということ。
川栄李奈の坂口健太郎の彼女役、いきなり飛躍して西島秀俊にツッコミに行くの痛々しかった。
坂口健太郎、正直そんなに上手くないだろうなと思ってたけど普通に上手かった。
母親(篠原涼子)が娘が死んでいるのか生きているのか警察に、司法に判断してもらうために刃物を振り回す展開はおーって思った。
たしかに坂口健太郎の技術で脳死状態の娘の表情筋まで動かすのはまあ一般的に見たら不気味なのかもしれないけど、そこまで不気味がること?自分の中でその不快な気持ちとは折り合いつけろよ大人なんだからって思っちゃった。脳死状態の娘を息子の入学式や外出先に連れてくのもまあ痛々しい母親あるあるではあるけどそこまで糾弾されることなのかなあ。
まあたしかにつらい出来事ではあるけど、なーんか深いようでそこへの納得力がなくてなーんかなーって感じで終わった。

脚本 3
美術 3
演技 3
演出 3
チープ感のなさ 3
満足度 3
その他(音楽、カメラワーク)